ニュース
» 2009年02月25日 20時16分 UPDATE

バッファロー、USBポートを搭載した2.5インチSSDなど5製品を発売

バッファローは、USB/Serial ATA両対応のSSDや6Tバイトの大容量NAS、スイッチングハブなど新製品5機種を発表した。

[ITmedia]

 バッファローは2月25日、ストレージやネットワーク機器など新製品を発表、3月上旬より順次発売する。発表されたのは、Serial ATA/USB 2.0両対応の2.5インチSSD「SHD−NSUM」シリーズ、ギガビット対応のレイヤー2スイッチ「BS-G2108UR」、1TバイトNAS「LS-1.0TGL-R」、DLNA対応1.5TバイトNAS「LS-XH1.5TL」、RAID対応6TバイトNAS「TS-X6.0TL/R5」の5製品。

og_io_001.jpg SHD−NSUMシリーズ

 SHD−NSUMシリーズは、USB 2.0ポートを備えた2.5インチSSDで、付属のデータ移行ソフト「Acronis MigrateEasy」により、USB経由で簡単に既存PCの設定やデータをSSDに移行できるのが特徴。また、バックアップソフト「TrueImage LE」や、パーティション編集ソフト「Acronis Disk Director LE」なども付属する。本体サイズは100(幅)×9.5(奥行き)×70(高さ)ミリ、重さ約90グラム。MLCタイプのSSDを採用している。従来製品の30/60/120Gバイトモデルに加えて、今回新たに32/64/128Gバイトモデルが登場し、ラインアップは全6モデルとなった。

 発売日は3月上旬を予定。価格は32Gバイトモデル「SHD-NSUM32G」が1万2000円、64Gバイトモデル「SHD-NSUM64G」が2万1000円、128Gバイトモデル「SHD-NSUM128G」が3万8000円だ。

og_io_002.jpg BS-G2108UR

 BS-G2108URは、全8ポートを備えたギガビット対応のレイヤー2ノンインテリジェントスイッチ。ポートの状態やLANケーブルの長さを判断して自動的に電力調整を行う「おまかせ節電」や、ネットワーク上にループ配線が発生したときに自動検知してアラートを出す「ループ検知」といった特徴を持つ。主な機能として、ジャンボフレーム(最大サイズ16000バイト)、オートネゴシエーション、ノンブロッキング転送、不良パケットフィルタリングなどに対応する。本体サイズは180(幅)×102(奥行き)×30(高さ)ミリ、重さ約550グラム。価格は9980円で、5月中旬に発売される予定だ。

 LS-1.0TGL-Rは、1Tバイトの容量を持つギガビット対応NAS。東芝製液晶テレビ「REGZA」のHDD録画機能に対応しているのが特徴で、スイッチングハブを利用することにより最大8台までREGZAの録画先として利用できる。また、通常のNASとしても運用可能だ(ただし、REGZAの録画用HDDに指定している場合は、PCのデータ保存/共有には使用できない)。このほか、USB 2.0ポートを搭載し、同社製のUSB外付けHDDなどを接続できる。本体サイズは60(幅)×216(奥行き)×164(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。

 LS-XH1.5TLは、公称値最大約66Mバイト/秒の高速転送を実現したギガビットNAS「LS-XHL」シリーズの1.5Tバイトモデル。ネットワーク上のDLNA対応プレーヤーやテレビ、PCなどから、保存したデジタルコンテンツを共有/再生できるほか、リモートアクセスが可能なWebアクセス機能を搭載しており、NetbookやiPhone 3Gを使って外出先などから自宅のLS-XH1.5TLにアクセスし、データをアップロード/ダウンロードできる。このほか、USBポート経由でUSBマスストレージやPTPに対応した機器から画像や動画などのデータを直接LS-XH1.5TLに転送するダイレクトコピー機能をはじめ、Mac OS X“Leopard”のTime Machineや、Bit Torrentにも対応するなど、多彩な機能を搭載する。本体サイズは、45(幅)×156(奥行き)×175(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ。価格は3万1700円で3月上旬に発売される。

 TS-X6.0TL/R5は、RAID対応NAS「TS-XL/R5」シリーズの6Tバイトモデル。1.5TバイトHDDを4台搭載し、RAID 5を標準サポートするほか、LANポートを2基搭載しており、このうち1つは同社製NAS(テラステーションシリーズ)を接続して自動バックアップを行う「レプリケーション機能」に利用できる。また、Mac OS X“Leopard”のバックアップ機能であるTime Machineにも対応している。本体サイズは、170(幅)×230(奥行き)×215(高さ)ミリ。価格は17万円で3月上旬に発売される見込みだ。このほか、TS-X6.0TL/R5の交換用HDD「OP-HD1.5T」(1.5Tバイトドライブ)も4万2300円で販売される。

og_io_003.jpgog_io_004.jpgog_io_005.jpg LS-1.0TGL-R(写真=左)。LS-XH1.5TL(写真=中央)。TS-X6.0TL/R5(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう