ニュース
» 2009年03月02日 15時52分 公開

セイコーエプソン、LAN接続対応のCD/DVDデュプリケーター「PP-100N」

セイコーエプソンは、CD/DVDデュプリケーター「PP-100」のネットワーク接続専用モデル「PP-100N」を発表した。

[ITmedia]
photo PP-100N

 セイコーエプソンは、CD/DVDデュプリケーター「PP-100N」を発表、3月16日より販売を開始する。価格はオープン。同社直販「エプソンダイレクト」販売価格(最小構成時)は61万7400円だ。

 PP-100Nは、2008年2月に販売が開始されたCD/DVDデュプリケーター「PP-100」の姉妹機で、接続インタフェースを従来のUSB接続から10/100BASE-TX有線LAN接続に変更したモデル。基本仕様はほぼ同様で、メディア収納用のスタッカを4基搭載、最大で100枚のCD/DVD複製を行うことができるほか、レーベル面印刷も合わせて行える。

 ディスクカバーは鍵によりロック可能で、第三者による不正持ち出しを抑止。また、2009年夏に発売予定の「認証発行オプションキット」を合わせて用いることで、発行した本人だけがディスクの取出しなどを行えるセキュリティ機構も利用可能だ。

 そのほか、業務システム機能として連携ソフトウェア「TD Bridge」も提供(3月中旬以降の予定)。業務システムとの併用により、データ/レーベル印刷の指定やディスク作成を連結して行うこともできる(TD Bridgeの仕様にあわせたソフトウェア開発が必要)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう