レビュー
» 2009年03月09日 17時17分 UPDATE

Mac mini Trilogy I:見た目は旧式、中身はCoolな新型Mac miniをチェックした (1/2)

3月3日にフルモデルチェンジしたMac mini。プラットフォームをインテルからNVIDIAに移行した新モデルを360度チェックする。第1回目はMac OS X編だ。

[王深紅,ITmedia]

従来モデルから大幅なスペックアップを実現

ht_0903mm01.jpg 内部システムを一新した新型Mac mini

 プロシューマー向けの「Mac Pro」を筆頭に、コンシューマー向けでは液晶一体型の「iMac」、超小型の「Mac mini」と、デスクトップ型のラインアップを一新したアップル。中でも注目は、ほぼ1年半ぶりにフルモデルチェンジして3代目に生まれ変わったMac miniだ。ここでは「Mac mini Trilogy」と題して、Mac OS X Leopard、Windows XP、Windows Vista環境でテストしたリポートをお届けする。まずはMac OS X編だ。

 サイズが165.1(幅)×165.1(奥行き)×50.8(高さ)ミリというスクエアボディ、重量も約1.31キロと小型軽量な形状は従来機を継承しつつ、内部システムを最新世代に改めたのがポイントだ。具体的には、これまでのインテルマザーボード(Intel 945GT Expressチップセット)から、NVIDIAのGeForce 9400M(ユニボディを採用したMacBookなどと同じ)に変更することで、同じ統合型チップセットでありながら、3D描画性能の飛躍的な向上を実現した。

 新モデルの特徴はこちらの記事(システムを一新してFireWire 800とMini DisplayPortを備えた新型Mac miniが登場)で触れたが、2008年8月に発売された従来モデルとの比較を下記の表にまとめた。ちなみに、2代目Mac miniと初代Mac miniとの比較はこちらの記事(新Mac miniを分解して、見た!)を参照してほしい。


新旧Mac miniの主なスペック
型番 MB464J/A MB463J/A MB138J/A
CPU 2.0GHz Core 2 Duo 1.83GHz Core 2 Duo
2次キャッシュ 3Mバイト(共有) 2Mバイト(共有)
FSB 1066MHz 667MHz
チップセット GeForce 9400M Intel 945GT Express
メモリ 2Gバイト(PC3-8500) 1Gバイト(PC3-8500) 1Gバイト(PC2-5300)
メモリースロット 204ピンSO-DIMM×2 200ピンSO-DIMM×2
最大搭載メモリ 4Gバイト 2Gバイト
HDD 320Gバイト(5400rpm) 120Gバイト(5400rpm) 80Gバイト(5400rpm)
光学ドライブ DVD±R DL対応最大8倍速SuperDrive ComboDrive
グラフィックス GeForce 9400M Intel GMA 950
グラフィックスメモリ 256Mバイト(共有) 128Mバイト(共有) 64Mバイト(共有)
外部ディスプレイ端子 Mini DisplayPort+Mini DVI DVI
USB USB 2.0×5 USB 2.0×4
FireWire FireWire 800×1 FireWire 400×1
有線LAN ギガビット対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト) IEEE802.11b/g
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR Bluetooth 2.0+EDR
本体サイズ 165.1(幅)×165.1(奥行き)×50.8(高さ)ミリ
重量 約1.31キロ
Apple Remote 別売 付属
Apple Store価格 8万9800円 6万9800円 7万9800円

標準でデュアルディスプレイ出力に対応

ht_0903mm02.jpg 新型MacBookシリーズと同じGeForce 9400Mが新型Mac miniにも採用された

 チップセット一新に伴って、CPUがFSB 1066MHz対応のCore 2 Duoになり、メモリがDDR2から高速かつ省電力なDDR3となって最大搭載容量が4Gバイトまで拡張された。2.5インチSerial ATA HDDの増量や光学ドライブがSuperDriveになり、無線LANもIEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト準拠)になるなど順当なアップグレードが施されたほか、標準でデュアルディスプレイ出力をサポートしたのも見逃せない。

 新型Mac miniでは背面にMini DisplayPortとMini DVIが用意され、Mini-DVI→DVIアダプタが付属する。別途Mini DisplayPortアダプタ(新型MacBookシリーズと共用可能)を使えば、アナログRGBDVI出力ができ、さらにApple Mini DisplayPort Dual-Link DVI アダプタを経由すれば30インチApple Cinema HD Display(2560×1600ドット表示)も接続が可能だ。テレビサイドPCとしての利用を考えているユーザーにはHDMI端子を備えてほしかったところだが、試しに手持ちの42型テレビ(東芝 REGZA 42Z2000)にMini-DVI→DVIアダプタ+DVI→HDMI変換ケーブルで接続したところ、ドットバイドット(1920×1080ドット)で表示が行えた。また、ナナオの24型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan HD2452W」(1920×1200ドット)と22型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan S2242W-H」(1920×1200ドット)を同時に接続したところ、問題なく表示できた。ただし、Mini-DVI→DVIアダプタとMini DisplayPortアダプタともに本体の端子が外れやすく、設置には注意が必要だ。

ht_0903mm03.jpg 前面はSuperDriveの挿入口とApple Remoteの受光部、状態表示LEDランプ(白色)があるだけだ
ht_0903mm04.jpg アルミニウム製の高級感あるボディは健在。ボディサイズや重量は従来機と共通だ
ht_0903mm05.jpg 背面のコネクタは一新され、FireWire 800とMini DisplayPortおよびMini DVIポートが加わった

ht_0903mm06.jpg 下が初代Mac mini、上が新型Mac miniの背面
ht_0903mm07.jpg 左が初代Mac mini、右が新型Mac miniの天面
ht_0903mm08.jpg 標準でMini-DVI→DVIアダプタが付属(写真=左)する。右のはMini DisplayPort→VGAアダプタだ

ht_0903mm09.jpg ナナオの24型ワイド液晶ディスプレイと22型ワイド液晶ディスプレイを同時に出力したところ
ht_0903mm10.jpg 出力110ワットのACアダプタが付属。3ピンタイプの電源ケーブルを含め、従来モデルを踏襲している
ht_0903mm11.jpg 新モデルでもキーボードとマウスは別売だ。写真は別売のApple Keyboard(JIS)とMighty Mouseの組み合わせ

ht_0903mm12.jpg インストールされているMac OS Xのバージョンは10.5.6だ
ht_0903mm13.jpg 上位モデルのグラフィックスメモリはメインメモリと共有で256Mバイトとなる
ht_0903mm14.jpg デュアルティスプレイの位置表示はドラッグ操作で調整可能だ

 次のページでは、実際の使用感とベンチマークテストの結果を見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-