Special
» 2009年03月17日 10時00分 公開

新生活にはパソコンが必須、あなたにぴったりの1台は? (1/2)

春から始まる新生活に向けて、PCの新調を考えている人は多いだろう。豊富なラインアップをそろえるエプソンダイレクトなら、あなたにぴったりの1台が見つかるはず。

[PR/ITmedia]
PR
年度末キャンペーンと新生活応援セールを同時に実施しているエプソンダイレクトのWeb直販サイト

 この春に新生活がスタートする新入生や新社会人の中には、一人暮らしに向けて身の回りのモノをそろえるついでに、PCも一新したいと考えている人は多いだろう。例年この時期の家電量販店では、そういった新生活者向けキャンペーンが大々的に展開されるが、それはWeb直販を行っているPCメーカーも同じだ。

 特に3月は年度末キャンペーンと新生活応援キャンペーンが重なるため、多くの製品が割り引き対象になっており、いつもよりもお得な買い物ができる可能性は高い。そこで今回は、豊富な製品ラインアップを持つエプソンダイレクトの製品から、新生活者にぴったりのPCを用途別にピックアップしてみた。

プライベート空間にぴったりの小型ボディ――「Endeavor ST120」

Endeavor ST120。6万5100円〜

 一人暮らしの部屋にPCを設置する場合、環境によっては何よりも省スペース性を優先しなければならないこともあるだろう。そんなときにまず検討するのは、ノートPCや液晶一体型PCといった、比較的空間をとらないフォームファクターだ。ただし、使わないときにいつでも片付けておけるという点では確かにノートPCは優れているものの、性能に比べて価格が高い傾向にあるうえ、液晶ディスプレイのサイズも制限される。一方、液晶一体型PCは大きめの画面サイズで利用できる半面、各種ポートの配置によっては本体以上に周囲にスペースを必要とする場合がある。

 そんなときに検討したいもう1つの選択肢が超小型PCだ。エプソンダイレクトがラインアップする「Endeavor ST120」(以下、ST120)は、容量わずか2.7リットル、サイズが20センチ四方に収まるコンパクトPCで、机上に置いてもまったく気にならない大きさだ。また、縦置きしたりディスプレイの置き台にすればさらに省スペースですむ。光学ドライブは前面からアクセスできるスロットローディング式で、USBポートをはじめ各種音声出力も前面にあり、使い勝手もいい(→詳細レビュー:“最新世代”の性能を手に入れた超コンパクトPC――「Endeavor ST120」の実力)。

前面にスロットインの光学ドライブを内蔵する。「地デジ/Blu-ray対応モデル」をリビングPCとしても活用するのも手だ

 従来、小型PCといえば性能を犠牲にする側面もあったが、昨年末に登場したばかりのEndeavor ST120は、チップセットにIntel GM45 Expressを採用することで、FSBクロックや内蔵グラフィックス機能を強化し、CPUのBTOメニューもCore 2 Duo T9800(2.93GHz)/同T9550(2.66GHz)/同P8700(2.53GHz)/同P8600(2.4GHz)と、FSB1066MHzのデュアルコアCPUが選択可能になっている。これなら通常の用途で処理性能に不満を感じることはまずないはずだ。また、本体背面にはアナログRGBだけでなくHDMI出力端子も装備するうえ、外付け型地上デジタルTVチューナーとBlu-ray Discコンボドライブをセットにした「地デジ/Blu-ray対応モデル」も用意されており、いわゆる“リビングPC”としてもうってつけだ。もちろん、従来から定評のある静音性も受け継がれており、動作時の騒音レベルは約22デシベルに抑えられている。

 最小構成価格は、Celeron搭載で6万5100円とリーズナブルな本機だが、新生活向けのメインPCとして考えた場合、やはり基本スペックは性能を重視したほうがいいだろう。ここでは、CPUをFSB 1066MHzのCore 2 Duoで最も安く選択できるCore 2 Duo P8600(2.4GHz)にし、メモリ容量は2Gバイト、HDD容量も標準の80Gバイトから320Gバイト(5400rpm)まで増やした。もちろんOSには、Windows Vista Home Premium(SP1)を選択している。この構成でも9万9750円と10万円を切っており、メーカー製ではめずらしい超小型PCとしてかなりお買い得な内容だろう。

 なお、エプソンダイレクトのオンラインショップ「Epson Direct Shop」には、ST120と組み合わせることにより、液晶一体型PCとして利用できる専用ディスプレイが用意されている。背面にST120を収納できるアダプタを備え、液晶ディスプレイとほぼ同じスペースで設置できるのが魅力だ。19型と17型(いずれも1280×1024ドット)の2種類がラインアップされており、17型の「LD1754FS」は、いまなら年度末決算キャンペーン価格の2万3100円で購入できる(2009年4月2日まで)。液晶も一緒にそろえたい人はこちらを検討するのも手だ。

ST120専用一体型ディスプレイとして、17型の「LD1754FS」(写真=左)と、19型の「LD1956FS」(写真=中央)が用意されている。液晶の背面にST120本体を収納できる構造で、さらに省スペースな環境を実現できる(写真=右)

※なお、価格は原稿執筆時点のものです。現在の価格につきましては、ST120の製品情報ページでご確認ください。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソンダイレクト株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2009年3月31日