ニュース
» 2009年03月17日 12時49分 公開

エレコム、“ペンのような操作感”で使える新コンセプトマウス「SCOPE NODE」

エレコムは、3ボタン搭載のUSBレーザーマウス“SCOPE NODE”を発表。センサー位置を変更し、ペンを持つ感覚でマウスを操作可能だ。

[ITmedia]
photo M-SN1ULBK

 エレコムは3月17日、3ボタン搭載のUSBレーザーマウス“SCOPE NODE”こと「M-SN1UL」シリーズを発表、4月上旬より発売する。カラーバリエーションはブラック/光沢シルバー/マットシルバーの3色。価格はいずれも6300円だ(税込み)。

photo センサー部は左ボタンよりもさらに左側に配置されている

 M-SN1ULシリーズは、USB接続対応のレーザーセンサー搭載マウスで、“ペンの使用感”に基づいたとする独自形状を採用。レーザーセンサーの位置を、右手でペンを握った時のペン先と同じ親指付近に配置したことにより、ペンを持つ感覚でマウスを操作可能できるとしている。

 ボタン数は2ボタン+ホイールボタンを装備。センサー分解能は1600カウント。本体サイズは75(幅)×110(奥行き)×38(高さ)ミリ、重量は123グラム。対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS X 10.5〜10.5.5。

関連キーワード

マウス | ペン | エレコム | レーザーマウス | Mac | Windows


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう