レビュー
» 2009年03月23日 16時16分 UPDATE

Mac mini Trilogy 外伝:気になる新型Mac miniの進化具合を、むいて調べた (1/2)

新型Mac miniを360度チェックしていく“Mac mini Trilogy”の番外編は、大幅な進化を遂げた内部システムに肉薄する。

[王深紅(撮影:矢野渉),ITmedia]

外観はそのままで中身を一新

ht_0903mb01.jpg 新型Mac mini

 3月3日にフルモデルチェンジした新型Mac miniだが、165.1(幅)×165.1(奥行き)×50.8(高さ)ミリというスクエアボディで、重量が約1.31キロ、容積が約1.38リットルという小型軽量サイズはそのままに、内部システムを一新したのが特徴だ。

 まずチップセットは、Intel 945GT Expressを備えた従来機から一転して、ユニボディを採用した新型MacBookシリーズと同じ、NVIDIA製の統合型チップセットGeForce 9400Mに改められた。3D描画性能が大幅に向上したほか、FSBが667MHzから1066MHzに引き上げられ、メモリもDDR2(PC2-5300)から高速で低電圧なDDR3(PC3-8500)となり、基本性能が底上げされたのがポイントだ。

 詳細な記事は下記の関連記事に譲り、ここでは気になる中身をチェックしよう。

ht_0903mb02.jpg 左が初代Mac mini、右が新型Mac miniの天面
ht_0903mb03.jpg Mini-DVI→DVIアダプタが付属し、Mini DisplayPort→VGAアダプタは別売となる
ht_0903mb04.jpg 標準でデュアルディスプレイ出力に対応したのがトピックだ



ドライブユニットとマザーボードという2層構造を採用

 それでは、早速分解に取りかかろう。天面をポリカーボネート、側面を酸化処理されたマグネシウム合金で囲み、底面にラバーを貼り付けた構造は従来モデルと同様だ。分解の手順も変わりなく、底面からヘラ(今回はお好み焼き用ともんじゃ焼き用のヘラを併用)などを挿入して、上面のカバーを取り外す。

 内部は、2.5インチSerial ATAのHDDとスロットインタイプのSuperDrive、そして排気用のシロッコファンを搭載したユニットと、マザーボードやサウンド端子などがまとまった底面のユニットという構造になっている。上面のカバーを取り除ければ、メモリやHDDの換装は可能だが、難易度はかなり高い。腕に自信がなく、本体に傷をつけたくないのであれば、素直に直販のApple Storeでカスタマイズしたほうが無難だ。ただし、Apple Storeでは4Gバイトのメモリ増設は選べるが、HDD容量は320Gバイトが最大で、少々物足りなさを覚える。

注意

製品を分解/改造すると、メーカー保証は受けられなくなります。内部で使用されている部品などは編集部が使用した製品のものであり、すべての個体にあてはまるものではありません。



ht_0903mb05.jpg 上面のカバー
ht_0903mb06.jpg 無線LANとBluetoothのアンテナがSuperDriveの周囲に配置される
ht_0903mb07.jpg SuperDriveやHDDを収納したユニット

ht_0903mb08.jpg 光学ドライブの下にシロッコファンと2.5インチSerial ATAのHDDが並ぶ
ht_0903mb09.jpg HDDや光学ドライブ、シロッコファンを省いたユニットの骨格
ht_0903mb10.jpg スピーカーやApple Remoteの受光部などが一体になっている

ht_0903mb11.jpg 評価機のSuperDriveは、Slimline SATAを採用したパイオニア製DVR-TS08PAだった
ht_0903mb12.jpg 容量が320Gバイトで9.5ミリ厚のHDDは、日立GST製のHTS543232L9SA02(5400rpm)だ
ht_0903mb13.jpg シロッコファンはFORCECON(力致科技)製だ

ht_0903mb14.jpg Broadcom製の無線LANとBluetoothモジュールを備える
ht_0903mb15.jpg オーディオコーデックチップにRealtek ALC885を採用する
ht_0903mb16.jpg マザーボードを取り外した状態の底面ユニット

 次のページでは、マザーボードを見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-