ニュース
» 2009年03月24日 16時15分 UPDATE

印刷速度を大幅アップ:キヤノン、A3ノビ対応フォトプリンタ「PIXUS Pro9500/9000 Mark II」

「PIXUS Pro9500/9000 Mark II」は、プロやハイアマチュアのデジタルカメラユーザーに向けたA3ノビ対応インクジェットプリンタ。印刷速度と画質の向上を図った。

[ITmedia]

 キヤノンは3月24日、A3ノビ/半切サイズ対応のインクジェットプリンタ「PIXUS Pro9500 Mark II」と「PIXUS Pro9000 Mark II」を発表した。価格はいずれもオープン。発売日と同社直販サイトでの価格は、Pro9500 Mark IIが4月中旬で7万9980円、Pro9000 Mark IIが4月上旬で5万9980円だ。

tm_0903pro01.jpgtm_0903pro02.jpg 左が「PIXUS Pro9500 Mark II」、右が「PIXUS Pro9000 Mark II」

10色顔料インク搭載のPro9500 Mark II

tm_0903pro03.jpg トレイを閉じた状態

 Pro9500 Mark IIは、2007年5月に発売された「PIXUS Pro9500」の後継機。従来同様、フォトブラック、マットブラック、グレーのモノクロインクを含む全10色の顔料インク「LUCIA」(ルシア)を採用している。プリント解像度は4800×2400dpi、インク滴は最小3ピコリットル、ノズル数は計7680ノズルだ。

 Wエンコーダーシステムの採用などによる紙送りの安定化、印刷制御の改良、メカ精度の向上などで、印刷速度がアップしており、カラーとモノクロのデフォルト設定でのA3ノビフチあり印刷速度は、Pro9500の約11分44秒から約7分55秒に高速化した。

 画質面では、純正の最上位光沢写真用紙であるキヤノン写真用紙・光沢プロ「プラチナグレード」(PT-101)に対応し、同用紙利用時の光沢感を改善した。従来はブラックインクとカラーインクの光沢度の違いにより、印刷時に光沢度の低い黒い部分で光沢感が落ちることがあったが、Pro9500 Mark IIでは黒い部分にグレーインクを多用することで、光沢度の違いを低減している。

 厚手の用紙をスムーズに搬送できるフロント給紙も引き続き搭載。他社製用紙のサポートを拡充し、PCM竹尾のDEEP PV モロー 300g/モデラトーンアイス 186g/マーメイドスノーホワイト 186g、三菱製紙のGEKKO ブルー・ラベル 290μm<微粒面光沢>/グリーン・ラベル 300μm<滑面光沢>に正式対応する(GEKKOはモノクロ専用)。

 本体サイズは660(幅)×355(奥行き)×193(高さ)ミリ、重量は約15.2キロ。対応OSは、Windows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.2.8以降。

8色染料インク搭載のPro9000 Mark II

tm_0903pro04.jpg トレイを閉じた状態

 Pro9000 Mark IIは、2006年12月に発売された「PIXUS Pro9000」の後継機。レッドとグリーンのインクを含む8色染料インクを採用している。プリント解像度は4800×2400dpi、インク滴は最小2ピコリットル、ノズル数は計6144ノズルだ。

 搬送制御の向上と印字制御の改良、双方向印刷に強いドット配置の採用により、モノクロのデフォルト設定でのA3ノビフチあり印刷速度は、Pro9000の約27分14秒から約9分30秒に高速化した。また、モノクロプリントの画質を向上し、従来機でモノクロ印刷時に必要だった上下端45ミリのマージンも不要になった。

 用紙はキヤノン写真用紙・光沢プロ「プラチナグレード」(PT-101)に対応。こちらも厚手の用紙をスムーズに搬送できるフロント給紙を備えている。また、モノクロ専用の他社製用紙として、三菱製紙のGEKKO ブルー・ラベル 290μm<微粒面光沢>/グリーン・ラベル 300μm<滑面光沢>に対応した。

 本体サイズは660(幅)×354(奥行き)×192(高さ)ミリ、重量は約14.4キロ。対応OSは、Windows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.2.8以降。

環境光を想定した印刷が可能に

 いずれも印刷プラグインソフト「Easy-PhotoPrint Pro Ver2.0」とフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop Elements 6」が付属する。

 Easy-PhotoPrint Pro Ver2.0は、キヤノンのRAW現像ソフト「Digital Photo Professional」(Ver.2.1以降)、「Adobe Photoshop」(CS/CS2/CS3/CS4)、そしてAdobe Photoshop Elements 6から直接起動できる印刷プラグインソフト。色相、明るさ、コントラストの調整強度を段階的に変更したパターンをタイル状に印刷できる機能が強化された。新たに、パターン印刷する写真の範囲指定が可能になり、3段階のパターン印刷サイズ指定(大/中/小)や、A3/A3ノビの用紙サイズ指定に対応した。

 また、Windows Vista用の新機能として、写真を展示する環境光に合わせて色補正してプリントできる「環境光補正」を搭載した。環境光の設定は、3波長・電球色(3000K)など、数種類のプリセットから選択できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.