ニュース
» 2009年03月25日 13時13分 公開

コクヨS&T、指先タッチで操作できるプレゼン用マウス「UD」シリーズ

コクヨS&Tは、プレゼンテーション向きのワイヤレスマウス「UD」シリーズ2製品を発表した。

[ITmedia]
photo ELA−MGU91  画像は利用イメージで、実際にはレーザーの軌跡は視認不可だ

 コクヨS&Tは3月25日、プレゼンテーション向きのワイヤレスポインティングデバイス「UD」シリーズ2製品「ELA−MGU91」「ELA−MRU41」を発表、4月10日より発売する。価格はELA−MGU91が5万2500円、ELA−MRU41が1万6800円(双方税込み)。

 ELA−MGU91およびELA−MRU41は、プレゼンテーション向きのワイヤレスマウスで、通信方式は2.4GHz帯無線を採用。ポインティングデバイス部は光学式デバイスを搭載、指を軽くタッチするだけでマウスポインタを操作することができる。ボタンレイアウトも操作性重視となっており、直感的に利用することが可能だ。

 2モデルともレーザーポインタ機能を装備、上位モデルのELA−MGU91は視認性の高い緑色レーザーを、ELA−MRU41はコストパフォーマンスに優れた赤色レーザーを採用している。

 バッテリーは単四形乾電池2本で動作、連続使用時間(アルカリ乾電池使用時)はレーザー連続使用で約4時間、マウス連続使用で約60時間だ。本体サイズは32(幅)×125(奥行き)×27(高さ)ミリ。重量はELA−MGU91が約82グラム、ELA−MRU41が約66グラム(ともに電池含む)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう