ニュース
» 2009年03月27日 11時00分 UPDATE

MSI、搭載CPUを強化した“Wind Netbook”新デザインモデル「U123」など2機種を発表

エムエスアイコンピュータージャパンは、CPUとしてAtom N280を採用した“Wind Netbook”新モデル「U123」「U100 Plus」の2モデルを発表した。

[ITmedia]
photo U123

 エムエスアイコンピュータージャパンは3月26日、CPUとしてAtom N280を採用した“Wind Netbook”新モデル「MSI Wind Netbook U123」「MSI Wind Netbook U100 Plus」(以下、U123/U100 Plus)の2モデルを発表、4月11日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はU123が4万9800円前後、U100 Plusが4万2800円前後だ。

 U123およびU100 Plusは、同社製ミニノートPC「Wind Netbook」シリーズの最新モデルで、ともにCPUとしてAtom N280(1.66GHz)を採用したモデル。本体の基本スペックについては2モデルとも大部分が共通で、1024×600ドット表示対応の10.2型ワイド液晶を内蔵、メモリはDDR2 1Gバイト(最大2Gバイト)、ストレージは160GバイトHDDを搭載し、130万画素WebカメラとIEEE802.11b/g/n(11nはドラフト対応)、Bluetooth 2.0+EDRを備えている。OSはWindows XP Home Edition(SP3)だ。

photophotophotophoto 左から順にダズリングブルーの「U123-BL」/ブリリアントレッドの「U123-RD」/ドルフィングレイの「U123-GR」/パールホワイトの「U123-WH」

 上位型番モデルとなるU123は、シャープなイメージの新デザイン筐体を採用したのが特徴。搭載バッテリーは6セルタイプの大容量仕様で、本体重量は1.3キロ以下となっている。また独自機能として、ユーザーの顔をWebカメラで認識してログオン管理などを行える顔識別ソフト「MSI Easy Face」を搭載。カラーバリエーションはパールホワイト/ブリリアントレッド/ダズリングブルー/ドルフィングレイの4色だ。

photophotophoto アーバンブラックの「U100 Plus-BK」(左)、パッションレッドの「U100 Plus-RD」(中)、パールホワイトの「U100 Plus-WH」

 U100 Plusは、従来モデル「U100」シリーズの後継製品で、搭載CPUを強化したほかは従来モデルをほぼ踏襲した。搭載バッテリーは3セルタイプで、重量は約1.16キロ。カラーバリエーションはパッションレッド/アーバンブラック/パールホワイトの3色展開となっている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう