ニュース
» 2009年04月14日 15時52分 UPDATE

UQ WiMAX端末2機種、Mac OSに対応

UQ WiMAXのデータ通信端末にMac OS対応ソフトウェアが登場。UD01SSとUS02SSをMac OS X 10.4/10.5環境でも利用できるようになる。

[岩城俊介,ITmedia]
photo USB型の「UD01SS」

 UQコミュニケーションズは4月14日、UQ WiMAXデータ通信端末「UD01SS」(USB型)と「UD02SS」(ExpressCard/34型)用Mac OS対応ソフトウェアの提供を開始した。

 対応バージョンはMac OS X 10.4/10.5。同端末を使う試験サービス利用者はUQ WiMAXの各製品紹介サイト(外部リンク参照)からダウンロードして使用できる。

 このほか、既存4機種のWindowsユーザー向けソフトウェアのバージョンアップデータも公開する。主な改善点は以下のとおり。


UQ WiMAX端末 Windows用ソフトウェアのバージョンアップ
対象製品 UD01SS(USB型)、UD02SS(ExpressCard型)、UD01NA(USB型)、UD02NA(PCカード型)
主な改善点 UD01NA、UD02NA:通信処理を最適化し通信性能を向上
UD01SS、UD02SS:PCのCドライブ配下に日付フォルダが作成されてしまう事象を修正
バージョンアップ方法 ・コネクションユーティリティソフトからオンラインアップデート
・UQ WiMAXの各製品紹介サイト(外部リンク参照)から

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう