ニュース
» 2009年04月20日 11時40分 UPDATE

デスクトップでもタッチパッドが使える“ポータブルタッチパッド”新モデル――ダイヤテック

ダイヤテックは、USB接続対応の外付け型タッチパッド「スマートトラックネオ」を発表した。片手でも握れるコンパクト筐体を採用。

[ITmedia]
photo ポータブルタッチパッド スマートトラックネオ

 ダイヤテックは4月20日、USB接続対応の外付け型タッチパッド「ポータブルタッチパッド スマートトラックネオ」(以下、スマートトラックネオ)を発表、4月下旬より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は4980円(税込み)。

 スマートトラックネオは、USB接続に対応する外付けタイプのタッチパッドで、センサーは静電式を採用。ポインティングデバイス機能のほか、1本指〜3本指での多様なジェスチャーにさまざま機能(縦/横スクロール、回転、ズームイン/アウトなど)を割り当てることが可能だ。

 ボタンは左クリック/右クリックの2ボタンをタッチパッド下側に装備。また、タッチパッドの左右側面にも左右ボタンを搭載しており、本体を片手で握るように支えてボタン操作を行うこともできる。

 本体サイズは91.8(幅)×116.5(奥行き)×14.5(高さ)ミリ、重量は105グラム(ケーブル含む)。対応OSはWindows XP/Vista。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.