ニュース
» 2009年04月21日 11時00分 UPDATE

2009年PC夏モデル:基本性能が軒並みアップした一体型エントリー機――「FMV-DESKPOWER EK」

「FMV-DESKPOWER EK」は、富士通の個人向け液晶一体型デスクトップPCにおいてエントリークラスを受け持つシリーズ。夏モデルは基本性能を一通り底上げした。

[ITmedia]

CPU、メモリ、HDDを強化したシンプルな液晶一体型

tm_0904fmv01.jpg 「FMV-DESKPOWER EK/D50」

 富士通は、19型ワイド液晶ディスプレイ搭載の液晶一体型デスクトップPC「FMV-DESKPOWER EK」の2009年夏モデルを発表した。店頭販売向けのラインアップは2008年春モデルと同様、1モデルのみが販売される。新モデルとなる「EK/D50」は4月23日の発売予定だ。価格はオープンで、実売価格は15万円前後と予想される。

 FMV-DESKPOWER EKは省スペースに配慮したシンプルな液晶一体型PCだ。基本スペックは、前モデルの「EK/C50」と比較して、CPUのCore 2 Duo(FSB 1066MHz/2次キャッシュ3Mバイト)をP8400(2.26GHz)からP8700(2.53GHz)に、PC3-8500対応DDR3 SDRAMのメインメモリを2Gバイト(2Gバイト×1)から4Gバイト(2Gバイト×2)に、回転数7200rpmのSerial ATA HDDを320Gバイトから500Gバイトに強化した。

 グラフィックス機能のIntel GMA 4500MHDを統合したIntel GM45 Expressチップセットと、DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ、1440×900ドット表示の19型ワイド液晶ディスプレイは従来通りだ。

 ボディのデザインにも変更はなく、本体サイズは445(幅)×213(奥行き)×390(高さ)ミリ、重量は約11.5キロ。インタフェース類は、1000BASE-Tの有線LAN、4基のUSB 2.0、アナログD-Sub出力、PS/2、音声入出力を内蔵する一方、FMV-DESKPOWERのほかの液晶一体型PCが備えている無線LANモジュールやメモリカードスロットは非搭載だ。付属のワンタッチボタン付きキーボードはPS/2で、横スクロール機能付き光学式マウスはUSBで接続する。

 プリインストールOSは32ビット版のWindows Vista Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Personal 2007(SP1)を搭載する。付属ソフトはFMV-DESKPOWERのほかのシリーズより少なく、オーサリングソフトやAVCHDプレーヤーソフトなどAV機能に関連したタイトルなどが減らされている。

 なお、同社直販の「WEB MART」では、2Gバイト(1Gバイト×2)のメインメモリや320GバイトのHDD、Office Personal 2007 with PowerPoint 2007(SP1)などを選択できる一方、従来機にあったCeleronのメニューは省かれている。

FMV-DESKPOWER EK店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-DESKPOWER EK EK/D50 液晶一体型 マイナーチェンジ Core 2 Duo P8700(2.53GHz) 4096MB(DDR3) 500GB Home Premium(SP1) 15万円前後
FMV-DESKPOWER EK店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-DESKPOWER EK EK/D50 19型ワイド 1440×900 Intel GM45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約11.5キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう