ニュース
» 2009年04月22日 13時48分 UPDATE

ソニー、短焦点投影可能なエントリーデータプロジェクタ「VPL-EX70」

ソニーは、高輝度表示対応のデータプロジェクタ「VPL-EX70」「VPL-EX7」を発表。短焦点ズームレンズを標準装備する。

[ITmedia]
photo VPL-EX70

 ソニーは4月22日、高輝度表示対応のデータプロジェクタ「VPL-EX70」「VPL-EX7」を発表、5月22日より発売する。価格はオープン、予想実売価格はVPL-EX70が10万円前後、VPL-EX7が7万円前後だ。

 VPL-EX70およびVPL-EX7は、ともに3LCD方式を採用したデータプロジェクタで、短焦点レンズを標準搭載。投射距離1.8メートルで60型の投影が可能だ。また、同社上位データプロジェクターで採用している液晶パネル「BrightEra」を用いたことで、高輝度/高精細表示を実現しているのも特徴だ。

 表示解像度は1024×768。コントラスト比および明るさ(ランプモード高設定時)は、VPL-EX70が最大900:1/2600ルーメン、VPL-EX7が最大500:1/2000ルーメン。インタフェースはアナログD-Sub、およびコンポジット/Sビデオ入力を備えている。本体サイズは約314(幅)×269(奥行き)×109(高さ)ミリ、重量は約3キロ(VPL-EX7は2.9キロ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう