ニュース
» 2009年04月28日 10時45分 UPDATE

“さくらファン”採用CPUクーラー4製品を発表――サーマルティク

日本サーマルティクは、独自形状ブレードを備えた「さくらファン」搭載のCPUファン「桜扇」シリーズ4製品を発表した。

[ITmedia]

 日本サーマルティクは、独自形状ブレードを備えた「さくらファン」搭載のCPUファン「桜扇」シリーズ4製品を発表、5月1日より発売する。

photophotophotophoto 左からISGC-100/ISGC-200/ISGC-300/ISGC-400

 4製品はいずれも、冷却ファンとして独自設計の「さくらファン」を備えたモデル。ファンブレードの形状が桜の花びらのような独自形状となっているのが特徴で、先端部に切り欠きを設けたことで騒音レベルを3%低下させた。またブレード形状の最適化により15%の気流増加も実現した、としている。

 製品ラインアップは、PWM制御対応の9センチ角ファン搭載モデル「ISGC-100」「ISGC-200」、およ手動のボリュームVRファンコン搭載モデルの「ISGC-300」「ISGC-400」をラインアップ。ISGC-100とISGC-400はトップフロー式、ISGC-200とISGC-300はサイドフロー式となっている。対応ソケットはISGC-100/ISGC-200がLGA775/Socket AM2/AM2+。ISGC-300/ISGC-400はさらにLGA1366にもサポートする。

 価格はオープン、予想実売価格はISGC-100が3980円、ISGC-200が4980円、ISGC-300が5480円、ISGC-400が5980円(税込み)。

関連キーワード

CPU | 冷却 | CPUクーラー | 自作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう