レビュー
» 2009年04月30日 11時11分 UPDATE

まずは動画でチェック:AdamoとMacBook Airが恋に落ちた!?――容姿編 (1/3)

Adamoは何かとMacBook Airと比べられているが、実際のところはどうなのか。まずは写真や動画で徹底比較した。

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]

AdamoとMacBook Airの上位モデルを比較

 デルこん身のノートPC「Adamo」が発売されて約1カ月が経過した。発表当初から何かと比べられてきたアップルのMacBook Airだが実際のところはどうなのだろうか。ここでは、AdamoとMacBook Airの上位モデルを取り上げ、外観をじっくり比較する。AdamoがCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)のCPUと4GバイトのDDR3 SDRAMを搭載した上位モデル「DESIRE」のパール・ホワイトカラーを、MacBook AirはCore 2 Duo SL9400(1.86GHz)のCPUと128GバイトのSSDを備えた上位モデル「MB940J/A」だ。

ht_0904aa01.jpg Adamoのパール・ホワイト
ht_0904aa02.jpg Adamoにはオニキス・ブラックも用意される
ht_0904aa03.jpg こちらはアップルのMacBook Air



 パッケージを含めた完成度の高さが受けているMacBook Airだが、Adamoも負けてはいない。梱包(こんぽう)用の段ボールから取り出すと、透明なプラスチック製ケースに包まれたAdamoが現れる。PCとしては異色のパッケージであり、デルのこだわりを感じさせてくれる部分でもある。

ht_0904aa04.jpg Adamoのパッケージ。下部の黒い部分にACアダプタやケーブル類がある
ht_0904aa05.jpg パッケージの背面。透明ケースゆえ中身は360度確認できる
ht_0904aa06.jpg ケースサイズは390(幅)×373(奥行き)×50(高さ)ミリと大柄だ

 続いては、AdamoMacBook AirMacBookとのサイズ比較を動画で見てみよう。


今回比べたAdamoとMacBook Airの主なスペック
モデル名 Adamo(DESIRE) 1.86GHz MacBook Air(MB940J/A)
カラバリ オニキス・ブラック/パール・ホワイト
CPU Core 2 Duo SU9400(1.4GHz) Core 2 Duo SL9400(1.86GHz)
メモリ 4Gバイト(DDR3) 2Gバイト(DDR3)
チップセット Intel GS45 Express GeForce 9400M
液晶ディスプレイ 13.4型ワイド光沢 13.3型ワイド光沢
画面解像度 1366×768ドット 1280×800ドット
ストレージ 128GバイトSSD
有線LAN ギガビット対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト準拠)
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR
USB USB 2.0×3(うち1基はeSATA兼用) USB 2.0×1
外部出力 DisplayPort×1(DVI変換アダプタ付き) Mini DisplayPort×1
Webカメラ
バッテリー 6セルリチウムポリマー(着脱不可) リチウムポリマー(7.2V 37Wh/着脱不可)
バッテリー駆動時間 約5時間 約4.5時間
ボディサイズ 331(幅)×242(奥行き)×16.4(厚さ)ミリ 325(幅)×227(奥行き)×4〜19.4(厚さ)ミリ
重量 約1.81キロ 約1.36キロ
OS 64ビット版Windows Vista Home Premium(SP1) Mac OS X 10.5
直販価格 27万6000円 29万8800円

 次のページから、ゼロスピンドルPCの各部分を細かくチェックしていく。

記事初出時、一部で製品名に誤りがありました。おわびして訂正させていただきます。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-