ニュース
» 2009年05月12日 14時59分 UPDATE

金属ピンをブチ込んでHDDを物理破壊する手動式HDDクラッシャー「BREAKS-EASY2」

オリエントコンピュータは、HDD物理破壊器「BREAKS-EASY2」を発表。金属製のピンをプラッタに打ち込み破壊する。

[ITmedia]
photo BREAKS-EASY2  付属レバーを本体前面の縦型スロットに差し込み、押し下げることでHDDを破壊できる

 オリエントコンピュータは5月12日、HDD物理破壊器「BREAKS-EASY2」を発売した。価格は、本体が22万500円、HDD破壊用の「専用ピン」20本入りが1575円(ともに税込み)。

 BREAKS-EASY2は、同社製HDD破壊器「BREAKS-EASY」の最新モデル。基本的な特徴は前モデル同様で、手動式レバーだけでHDDの破壊を行える電源不要動作が特徴だ。金属製のピンをHDDの外側から打ち込むことでHDD内部のプラッターを破損させ、安全に物理破壊を行うことができる。

 今回の新モデルでは、“破壊力”を従来の約3トンから5トンに強化しており、サーバ用の厚型HDDなどにも簡単にピン打ちが可能となった。また、本体の耐久性も向上している。

 破壊可能なHDDは2.5インチ/3.5インチHDD。専用のピンは、2.5インチ/3.5インチ用20本と3.5インチHDD(厚型サーバ用)ピン20本が付属する。本体サイズは190(幅)×175(奥行き)×370(高さ)ミリ、重量は9.7キロだ。

関連キーワード

ハードディスク | 情報漏洩


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう