レビュー
» 2009年05月19日 11時01分 UPDATE

Vistaならどうだ!?:これぞNetbookの真打ちか!?――「HP Mini 2140」の高解像度版でVistaを動かした (1/2)

10.1型ワイドで1366×768ドットの解像度を備えた「HP Mini 2140 Notebook PC」の高解像度版で、OSをWindows XPからVistaに変えたところ……。

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]

OSをWindows Vista Business(SP1)に変更

ht_0905ph01.jpg 「HP Mini 2140 Notebook PC」の高解像度モデル

 前回の記事(「これぞNetbookの真打ちか!?――「HP Mini 2140 Notebook PC」の高解像度版を試す」)は、容量80GバイトのSSDを搭載した2140で、プリインストールOSのWindows XP Professional(SP3)環境で使い勝手を調べたり、ベンチマークテストを行った。しかし2140の高解像度版(HP DirectplusでいうところのダウングレードOSモデル)は、いずれもNetbookのULCPCライセンスではなく、Windows Vista Business(SP1)のダウングレード権を利用している。そこで、今回は製品に付属するリカバリーDVDを使って、OSをWindows Vista Business(SP1)にした状態でチェックしてみた。

 ちなみに、本機にはWindows Vista Business(SP1)とWindows XP Professional(SP3)のOSメディアと、ドライバやソフトウェアがセットになったメディアがそれぞれ付属している。しかも、ドライバやソフトウェアは一括導入だけでなく、ユーザーが任意に選択可能だ。


購入手段が異なる点には注意

 現状、HP Mini 2140シリーズは3つの基本モデルがラインアップされている。主な仕様を下の表にまとめたが、このうち量販店で購入できるのはHomeモデルとHomeモデルにOffice Personal 2007(SP1)がセットになったHomeオフィスモデルだけで、同社直販のHP Directplusでも、個人向けで買えるのはHomeモデルおよびHomeオフィスモデルだけに限られる。つまり、高解像度版を手に入れるには、一部の直販サイトかHP Directplusの法人向けページにアクセスする必要があるので注意してほしい。

HP Mini 2140 Notebook PCシリーズの主なスペック
モデル 2140高解像度SSDモデル 2140高解像度HDDモデル 2140 Homeモデル
CPU Atom N270(1.6GHz)
メモリ DDR2 2Gバイト DDR2 1Gバイト
メモリースロット 200ピンSO-DIMM×1(空きなし)
ストレージ 80GバイトSSD 160GバイトHDD(7200rpm)
液晶ディスプレイ 10.1型ワイド
画面解像度 1366×768ドット 1024×576ドット
グラフィックス Intel GMA 950
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト準拠) IEEE802.11b/g
Bluetooth Bluetooth 2.0+EDR
有線LAN ギガビット対応
メモリカードスロット SDHC対応SDメモリーカードスロット
ExpressCardスロット ExpressCard 54/34対応
Webカメラ
スピーカー 内蔵ステレオ
バッテリー 3セル
バッテリー駆動時間 約5時間(3セル)/約10時間(6セル) 約4.5時間(3セル)/約9時間(6セル)
ボディサイズ 261(幅)×166(奥行き)×27.2〜35.5(高さ)ミリ
重量 約1.16キロ(3セル)/約1.32キロ(6セル) 約1.19キロ(3セル)/約1.35キロ(6セル)
OS XP Professional(SP3)/Vista Business(SP1) XP Home(SP3)
HP Directplus価格 7万9800円 6万9930円 5万9850円

 それでは、ユーティリティ画面で仕様をチェックしよう。

 CPUはAtom N270(1.6GHz)、メモリは2Gバイト(DDR2)、そしてストレージは容量80Gバイトのインテル製SSD(X25-M Mainstream SATA SSD)を搭載する。公称の読み出し速度は最大250Mバイト/秒、書き込み速度が最大70Mバイト/秒という高速なSSDで、CrystalDiskMark 2.2.0のテストでもAtom搭載PCとしては良好な結果を残している。ただし、Windows XPの時よりもスコアは振るわない。

ht_0905ph02.jpg CPU-Z 1.50の画面。Atom N270(1.6GHz)のCPUを搭載する
ht_0905ph03.jpg グラフィックス統合型のIntel 945GSE Expressチップセットを採用
ht_0905ph04.jpg シングルチャンネルで動作する2GバイトのDDR2 SDRAMを備える

ht_0905ph05.jpg 3本のネジを回し、キーボードユニットを取り外すことで内部にアクセスできる
ht_0905ph06.jpg 2.5インチのインテル製SSD「X25-M Mainstream SATA SSD」を内蔵。インタフェースはSerial ATAだ
ht_0905ph07.jpg CrystalDiskMark 2.2.0のテスト結果

ht_0905ph08.jpg Intel Matrix Strage Consoleの画面
ht_0905ph09.jpg HDDプロテクションの3D DriveGuardも導入される
ht_0905ph10.jpg Vista用のQuick Launchも用意されている

ht_0905ph11.jpg GPU-Z 0.3.4の画面。グラフィックス機能はIntel GMA 950で提供される
ht_0905ph12.jpg Intel Graphics Media Accelerator Driverの画面(その1)
ht_0905ph13.jpg Intel Graphics Media Accelerator Driverの画面(その2)

ht_0905ph14.jpg デバイスマネージャの画面(その1)
ht_0905ph15.jpg デバイスマネージャの画面(その2)
ht_0905ph16.jpg デバイスマネージャの画面(その3)

 次のページでは、Vistaでのパフォーマンスやバッテリー駆動時間、OSの起動時間などをチェックしよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.