ニュース
» 2009年05月19日 11時38分 UPDATE

MSI、IEEE1394を追加したP45スタンダードATXマザー「P45 Neo-FI」

エムエスアイコンピュータージャパンは、P45チップセット搭載のATXマザーボード「P45 Neo-FI」を発表。「P45 Neo-F」をベースにIEEE1394を追加したモデルだ。

[ITmedia]
photo 画像はP45 Neo-F

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月19日、P45チップセット搭載のATXマザーボード「P45 Neo-FI」を発表、本日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は1万680円前後。

 P45 Neo-FIは、同社製ATXマザーボード「P45 Neo-F」のバリエーションモデルで、インタフェースとして新たにIEEE1394a端子を標準搭載したのが特徴となるモデルだ。

 そのほか基本スペックはほぼ同等で、チップセットはIntel P45+ICH10を採用。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3を備える。メモリスロットはDDR2スロット4本を装備(最大16Gバイト)、そのほかバックパネルはPS/2×2、シリアル、パラレル、USB 2.0×4などが利用可能だ。

関連キーワード

マザーボード | PCI Express | Intel | MSI | 自作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう