レビュー
» 2009年05月21日 18時11分 UPDATE

24インチiMac Trilogy II:新型iMacでWindows XPを動かしてみた

NVIDIAプラットフォームに移行した新型iMacにWindows XPを導入し、パフォーマンスをチェックした。XP環境下でのGeForce 9400MとGeForce GT 120の差はどれくらい?

[ITmedia]
og_imac2_001.jpg 新型の24インチiMac(MB419J/A)

 「24インチiMac Trilogy」と題して、前回はプラットフォームを一新した新型iMacの外観チェックとMac OS X Leopardでの性能評価を行った(ただ安くなっただけではない「24インチiMac」をチェックした)。第2回目では、24インチの「MB419J/A」にWindows XP Home Edition(SP3)をインストールしてベンチマークテストを実施する。

 Windows用のドライバはパッケージに付属する「Mac OS X Install DVD」に入っており、比較的容易にWindows環境を構築できる。ベンチマークテストによる性能評価を行う前に、Windows XP環境でのシステムプロパティやデバイスマネージャ画面を見ていこう。


24インチiMacにWindows XP Home Edition(SP3)を導入

 評価機に搭載されているCPUは、45ナノメートルプロセスルールのPenrynコアを採用したCore 2 Duo E8335(2.93GHz/FSB 1066MHz/2次キャッシュ6Mバイト)だ。メモリ容量は4Gバイト(2Gバイト×2)で、評価機にはhynix製のDDR3 SDRAM(PC3-8500)が装着されていた。

og_imac2_002.jpgog_imac2_003.jpgog_imac2_004.jpg 評価機の「Mac OS X Install DVD」に付属するBoot Campのバージョンは2.1(Build 1284)になっていた(画面=左/中央)。Windows XP Home Edition(SP3)を導入してシステムのプロパティを表示(画面=右)

og_imac2_005.jpgog_imac2_006.jpgog_imac2_007.jpg CPU-Z 1.50

og_imac2_008.jpgog_imac2_009.jpgog_imac2_010.jpg デバイスマネージャ画面

og_imac2_011.jpgog_imac2_012.jpgog_imac2_013.jpg Boot Campコントロールパネルの画面

 今回のモデルチェンジで最も目を引くのが、従来のインテルプラットフォームから、NVIDIAのGeForce 9400Mチップセットに移行した点だ。また、24インチiMacの上位2モデルは、外付けGPUとしてGeForce GT 120/GeForce GT 130を実装している。なお、XP環境下でも同じようにデュアルディスプレイ出力は可能だ。

og_imac2_014.jpgog_imac2_015.jpgog_imac2_016.jpg GPU-Z 0.3.2の結果(画面=左)。評価機に搭載されているGeForce GT 120のコアクロックは500MHzで、ドライバのバージョンは177.56だった。nView Desktop Manager(写真=中央)とNVIDIAコントロールパネルの画面(写真=右)

og_imac2_017.jpgog_imac2_018.jpgog_imac2_019.jpg Mac OS X Leopardと同様、XPでもデュアルディスプレイ出力が可能だった(写真=左)。Bluetoothとオーディオデバイスの設定画面(写真=中央/右)

GeForce 9400MとGeForce GT 120の差は?

 MacBookやMac miniと同じように、新たにGeForce 9400Mを採用したことで従来のiMacに比べてグラフィックス性能が引き上げられたのは間違いないところだが、気になるのはチップセット内蔵のグラフィックス機能と、外付けGPUとの性能差だろう。ここではGeForce GT 120を搭載する「MB419J/A」で定番のベンチマークテストを実施し、比較対象として20インチiMac「MB417J/A」のスコアも掲載した。

og_imac2_020.jpgog_imac2_021.jpgog_imac2_022.jpg PCMark05のスコア(画面=左)。3DMark06のスコア(画面=中央)。FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3のスコア(画面=右)

 PCMark05の結果を見ると、MB419J/AとMB417J/Aでは、CPUスコアにクロックの差が反映され、Graphicsに至っては2倍以上の差がついた。3DMarkも同様の傾向で、GeForce 9400MとGeForce GT 120の間にはかなり大きな性能差があると分かる。

 FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3の結果もLowでは1万の大台を超えており、比較的負荷の軽い3Dゲームタイトルなら快適にプレイできるはずだ。一体型PCはGPUのアップグレードパスが事実上ないので、こうした用途を考えているのであれば、外付けGPUを搭載する上位のiMacを選択するほうがいいだろう。

 次回はWindows Vistaを導入して、同様のテストを行っていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-