レビュー
» 2009年05月26日 11時00分 UPDATE

イマドキのイタモノ:3-way SLI対応の「Eclipse Plus」で、“くりくりっ”とクロックを変更する (1/3)

Intel X58 ExpressはNVIDIA SLIにも対応する。ただし、“3-way”となるとちょっと小技が必要だ。その小技に対応したマザーボードの実力を試してみた。

[寺崎基生,ITmedia]

nForce 200で“オール16”の3-way SLIに対応

 MSIでは、Intel X58 Expressチップセット搭載のハイエンドマザーボード「Eclipse SLI」をすでに販売しており、PC USERでもレビュー記事を掲載した。今回紹介する「Eclipse Plus」は、Eclipse SLIをパワーアップし、現時点で実装できる機能をすべて詰め込んだ“ウルトラ”ハイエンドモデルだ。ハイエンド仕様が多いIntel X58 Express搭載マザーボードとはいえ、その実売価格の主流は3万円台だが、Eclips Plusの実売価格が4万5000円前後と、コンシューマー向けマザーボードとしては最上級品になる。

kn_eclpls_01.jpg 黒い基板のEclipse Plus。電源を入れると、あらゆる場所に配置されたLEDが派手に輝いてくれる

 チップセットはEclipse SLIと同じIntel X58 ExpressとICH10Rの組み合わせで、CPUソケットはLGA1366を搭載してCore i7/Core i7 Extremeシリーズに対応する。Eclipse Plusで最大のパワーアップポイントは、NVIDIAの「nForce 200」を実装していることだ。PCI Express x16スロットは全部で4基用意しており、そのうちの3基は同時に16レーンモードで動作する。そのため、3-way SLIを構築する場合、3枚のグラフィクスカードがすべて16レーン接続となって、システム全体の3D性能をフルで発揮することが可能になる。Eclipse Plusでは、もう1基のPCI Express x16スロットにも4枚目のグラフィックスカードを組み込めるが、これは「GPGPU」として利用することになる。

 もっとも、3-way SLIに対応する高性能グラフィックスカードには、1枚で2スロット消費してしまう厚さの製品も多い。3-way SLIを構成する場合、3つ目のスロットまでは、2スロット厚のグラフィックスカードを差せるが、3基目と4基目のPCI Express x16スロットは隣接しているため、3基目のスロットにも2スロット厚のグラフィックスカードを差した場合、4基目のスロットに拡張カードは取り付けられない。

kn_eclpls_02.jpgkn_eclpls_03.jpgkn_eclpls_04.jpg チップセットは、Core i7シリーズに対応するIntel X58 ExpressとRAID機能を搭載するICH10Rだ(写真=左、中央)。nForce 200によって3枚のグラフィックスカードが16レーンで接続する3-way SLIに対応できるようになった(写真=右)

 そのほかに、Eclipse Plusに用意された拡張スロットは、PCI Express x1が2基と、PCIが1基という構成だ。そのうち、PCI Express x1スロットは、付属のサウンドカードで消費してしまうため、ユーザーが使えるPCI Express x1スロットは実質的に1基といえる。

 サウスブリッジのICH10RによるRAID機能に加え、Serial ATA RAIDコントローラの「JMB322」を実装しており、こちらでも4ポートのSerial ATAデバイスを用いたRAIDが構築できる。オンボードに用意されたSerial ATAポートは、両方のコントローラを合わせると10ポートになる。さらに、2つのeSATAを制御する「JMB362」も搭載しているので、Eclipse Plus全体としては非常に多くのSerial ATA接続ドライブを利用できることになる。

 それ以外のオンボード機能では、2系統のギガビットイーサネット、IEEE1394コントローラを実装するほか、USB 2.0がバックパネルだけで8ポート用意されるなど、その種類でもポートの数でも申し分のない構成となっている。実装するメモリスロットはIntel X58 Expressマザーボードでは主流の6スロットで、3チャネルメモリアクセスに対応する。最大で搭載できるメモリ容量は24Gバイトで、MSIではDDR3-1333対応メモリまで利用可能としている。

kn_eclpls_05.jpgkn_eclpls_06.jpg Eclipse Plusでは、グラフィックスカード用のPCI Expressスロットが4基も用意された。そのうち上の3基は、x16モードで同時に使用することが可能で、最も下のスロットはx4モードで動作する。2スロット厚のクーラーユニットを搭載したグラフィックスカードでもNVIDIA SLIやCrossFireが構成できるように、PCI Express x16スロットの間は1スロット分開けてある(写真=左)。Core i7シリーズを搭載するEclipse Plusはトリプルチャネル単位メモリを増設するため、6基のDDR3対応メモリスロットを載せている(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう