ニュース
» 2009年05月27日 11時45分 UPDATE

マイクロソフトがWindows Vista SP2を公開

マイクロソフトは、Windows Vista/Server 2008 SP2正式版を公開した。すでにダウンロード提供を開始し、6月5日にDVD-ROMの注文受け付けを開始する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは、Windows VistaおよびWindows Server 2008 Service Pack 2(SP2)日本語版を公開した。海外では5月26日(日本時間)の時点で、日本語や英語に対応した「5言語用スタンドアロン版」を提供開始。日本法人では5月27日に同社サイトでダウンロード提供を開始し、6月5日にDVD-ROMの注文受け付けを開始する。DVD-ROMの価格は1050円。

 Vista SP2は、x86、x64のプラットフォームに対応した各エディションが適用対象となり、導入には事前にSP1が適用されている必要がある。Server 2008 SP2は、x86、x64、Itaniumのプラットフォームに対応した各エディションが適用対象だ。ダウンロードサイズはx86版が348.3Mバイト、x64版が577.4Mバイトとなっている。

 SP2の主な機能強化点は以下の通り。

  • Windows Search 4.0による検索性能の向上と、グループポリシーによる詳細な管理機能
  • Bluetooth v2.1のサポートと最新のWindows Connect Nowを含む、Windows Vista Features Pack for Wirelessとの統合
  • WindowsサイドバーにおけるRSSフィードのパフォーマンスと応答性向上
  • Windows Media Centerで著作権保護されたテレビ録画データを複数のデバイス間で共有できるように対応
  • Windows Media Player 11にアップグレードした際、以前購入したDRMコンテンツへアクセスできなくなる問題の修正
  • 互換性のないドライバがある場合、SPのインストールを停止する機能
  • SP2でアップデートされたファイルを削除し、HDDの容量圧迫を抑制するService Packクリーンアップツールの搭載
  • ワイヤレス接続環境におけるハイバネーションからのレジューム復帰の高速化
  • 電源管理設定の向上
  • Windows Vista/Server 2008がホストしているプリンタに対する、プリントサーバおよびスプーラのパフォーマンス向上
  • Hyper-V正式版の付属

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.