ニュース
» 2009年05月27日 12時41分 UPDATE

Lenovo、ION採用のIdeaPad S12を発表──日本市場への投入は「検討中」

Lenovoから12.1型ワイド液晶を搭載する「IdeaPad S12」が発表された。NVIDIAの「ION」搭載モデルも用意され、2009年夏以降に出荷する予定だ。

[ITmedia]
kn_idea12_01.jpg ION搭載モデルも登場する「IdeaPad 12」シリーズ

 Lenovoが発表したIdeaPad S12は、3セルバッテリー搭載時で重さ3ポンド(約1.4キロ)のボディに、12.1型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1280×800ドット)と「100%フルサイズキーボード」を搭載したミニノートPCで、CPUにはAtomシリーズを、チップセットにはNVIDIAのIONをそれぞれ採用する(ほかにIntel製チップセットを搭載したモデルも用意される)。

 IONはNVIDIAが投入するAtom対応チップセットで、チップセットにはグラフィックスコアとしてGeForce 9400Mが統合されている。インテルのAtomプラットフォームで採用されるIntel 945GSE/GCと比べて、3D性能やPureVideo HD対応による高画質再生性能で優れているのが特徴だ。すでに、IONを採用した製品としてNettopの「AspireRevo」が日本エイサーから発表されている。

 LenovoはIdeaPad S12のバッテリー駆動時間について「6セルバッテリーで6時間以上」と述べており、無線LANのほか3Gネットワークにも対応可能だ。データストレージには160GバイトのHDDを搭載し、システムメモリは1Gバイト。インタフェースには4-in-1マルチカードリーダーやExpressCardスロットを設けるほか、画像出力ではアナログRGB出力に加えてHDMIを搭載したモデルも用意される。

 ボディカラーのバリエーションはホワイトモデルとブラックモデルの2種類が用意され、価格は449ドルの見込み。IONプラットフォーム搭載モデルは2009年の夏以降に出荷される予定だ。ただし、レノボ・ジャパンによるとIdeaPad 12の日本市場投入は現在検討中で、価格、扱うモデルの構成、出荷時期などは未定と説明している。

kn_idea12_02.jpgkn_idea12_03.jpg カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう