ニュース
» 2009年05月28日 13時33分 UPDATE

サンワダイレクト、eSATA+USB接続対応のスティック型コンパクトSSD発売

サンワサプライは、eSATAおよびUSB接続に両対応したコンパクトSSD「600-UZ」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo 600-UZ32G

 サンワサプライは5月28日、eSATAおよびUSB接続に両対応したコンパクトSSD「600-UZ」シリーズを発表、同社直販「サンワダイレクト」限定にて販売を開始した。価格は16Gバイトモデルが5280円、32Gバイトモデルが8880円(双方税込み)。

 600-UZは、本体サイズ23.6(幅)×88(奥行き)×8(高さ)ミリのスティック型筐体を採用したコンパクトSSD。本体の両端にそれぞれeSATA/USB端子を備えており、いずれのインタフェースでも利用が可能だ。

 転送速度は、eSATA接続時には最大読み込み75Mバイト/秒、USB 2.0接続時には30Mバイト/秒となっている。

関連キーワード

SSD | サンワサプライ | 転送速度


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう