ニュース
» 2009年06月01日 21時42分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009:相変わらずムシ暑いけど、今年も“熱い”──「COMPUTEX TAIPEI 2009」開幕

アジア最大のコンピュータ展示会「COMPUTEX TAIPEI 2009」が2009年6月2日に開幕。世界的不況もなんのその、2008年を上回るブース規模で行われる。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 台北世界貿易センターのとなりにある101階建ての「TAIPEI 101」。エレベータが“超っ速”なのだ

 アジア最大のコンピュータ見本市「COMPUTEX TAIPEI 2009」が2009年6月2日に台湾・台北市の台北世界貿易センターで開幕する。

 開催期間は6月2日から6日まで。台北市の台北世界貿易センター(Taipei World Trade Center)のホール1と3、台北世界貿センター南港展覧館(Taipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall)、台北国際会議センター(Taipei International Convention Center)の各会場でコンピュータ業界の先端技術や製品の展示が行われる。

 PC系製品では、MSIやAcerをはじめとする台湾ベンダーが「Netbookとともに、その次」を担う新製品の発表を予定するほか、インテルの次世代CPUやAMD、NVDIAの次世代GPUなどの発表、PC機器ベンダーによる新PCパーツの発表もあるのではという話だ。また、日本でも普及が期待される次世代高速通信技術 WiMAXやAndroid OSなど軸に、「モバイルインターネットのブームは、携帯電話からPCに」をテーマに掲げた展示もアピールする。

 2009年度で29回目を迎えるCOMPUTEX TAIPEIは、2008年に起こった世界的な経済危機にもかかわらず、過去最大級の1700もの出展企業と4600を超えるブース規模で展開。「こんな現状だからこそ」というPC業界、とくに台湾ベンダーを中心とするアジア圏独特の活気をかいま見る、暑い、いや熱いイベントとなりそうだ。


photophotophoto COMPUTEX TAIPEI開幕を告げるポスターをはじめ、出展企業の広告もところどころに見られる
photo ……のだが、ブースのすき間を覗くと「準備、まだまだこれから」な感じも。明日開幕なんですけど

関連キーワード

台湾 | COMPUTEX | 次世代 | Acer | AMD | Puma | Android | 展示会 | GPU | Intel | MSI | Netbook | 自作 | WiMAX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう