ニュース
» 2009年06月01日 23時00分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009:AsipreRevoとIdeaPad S12に続け──ION搭載未発表モデルがTAIPEIに集合! (1/2)

NVIDIAは、台北市においてCOMPUTEX TAIPEI 2009開催前日に合わせた説明会を行った。会場にはIONを採用した未発表の製品が多数展示されていた。

[長浜和也,ITmedia]

COMPUTEX TAIPEI開幕前日恒例のNVIDIAセッション

 6月2日から台北市においてCOMPUTEX TAIPEI 209が始まるが、NVIDIAはその前日となる6月1日に、GPGPUやIONの優位性、Windows 7におけるGPU性能の改善などをアピールする説明会を行った。COMPUTEX TAIPEIの“開催前日セッション”は、2008年にも行われており、そのときはARMに対応する(NVIDIAがいうところの)MID=Mobile Internet Device向けプラットフォーム「Tegra」を発表している。

 COMPUTEX TAIPEI 2009の開催前日に行われた今回のセッションでは、NVIDIA CEOのジェンスン・ファン氏と同社デスクトップGPUビジネスユニットのジェネラルマネージャーを務めるドリュー・ヘンリー氏によって、NVIDIAが推進しているGPGPUのアドバンテージや、採用製品がようやくリリースされたAtom対応プラットフォーム「ION」などが紹介されたほか、Windows 7においてNVIDIA SLIのパフォーマンスがWindows XPベースのシステムより向上することが示された。

kn_nvidia_30.jpgkn_nvidia_31.jpg ファン氏は、CPUとGPGPUの違いをピザの宅配に例えて説明した。CPU的ピザの宅配はトラックに大量のピザを載せて1つ1つ順番に回っていく。「最後はさんざん待たされたうえに冷たくなったピザを食べることになる」(写真=左)。対してGPGPU的ビザ宅配は、たくさんのスクーターですべての客に一気に届けてしまう(写真=右)

kn_nvidia_32.jpgkn_nvidia_33.jpg AtomとIONの組み合わせをCULV Core 2 Solo SU3500とIntel統合型チップセットの組み合わせと比較する。AtomとIONプラットフォームはコストはより安く、3DMark Vantageの結果は圧倒的に高く、Blu-ray Discに収録されたフルHD画像が再生でき、720p動画のトランスコードは圧倒的に速く、消費電力はほぼ同じであるとNVIDIAは訴える(写真=左)。NVIDIAの評価によると、Windows 7の環境において、NVIDIA SLIのパフォーマンスはWindows XP環境の15%増しになるという(写真=右)

 会場には、ION採用製品として先日発表されたAcerの「AspireRevo」とLenovoの「IdeaPad S12」がヘンリー氏によって紹介されたほか、まだ発表されていないION採用のNettopやION採用のMini-ITXマザーボードが多数展示されていた。

 ここでは、それらの製品を画像を中心に紹介しよう。

デバイスマネージャーで見る「IdeaPad S12」

 2009年5月26日に、IONを採用した初めてのNetbookとして発表されたIdeaPad S12は、出荷開始が2009年の夏過ぎと説明されていたが、NVIDIAの説明会会場でION搭載モデルが早くも動作していた。

kn_nvidia_01.jpgkn_nvidia_02.jpg NVIDIAの説明会で、IONを搭載したIdeaPad S12の動作サンプルが披露された。12.1型ワイドの液晶ディスプレイを搭載しているので、従来のIdeaPad S9eやIdeaPad S10eと比べてひと回り大きい(写真=左)。IdeaPad S12のボディカラーはホワイトとブラックの2種類が用意される。展示されていたのはホワイトモデルで、光沢のある塗装とともに、パターン柄が施されていた(写真=右)

kn_nvidia_03.jpgkn_nvidia_04.jpg 左側面には2基のUSB 2.0とMMC、メモリースティック、メモリースティックPRO、SDメモリーカードに対応したカードリーダが用意される(写真=左)。右側面にはギガビットに対応した有線LAN、アナログRGB出力、USB 2.01基、ヘッドフォン、マイク端子、そして、手前側というやや変則的な場所ながらHDMIを搭載する(写真=右)

kn_nvidia_05.jpgkn_nvidia_06.jpg 液晶ディスプレイのサイズは12.1型ワイドで解像度は1280×800ドット。液晶ディスプレイの上にはWebカメラを搭載する(写真=左)。LenovoはIdeaPad S12のキーボードを「100%フルサイズ」とアピールしている。キーボードの上側には電源ボタンやボリューム調整、ミュートと合わせて「OS」と刻印された気になるボタンも用意される(写真=右)

kn_nvidia_07.jpgkn_nvidia_08.jpg IdeaPad S12の底面。展示機材が搭載していたバッテリーパックは下側に出っ張る形状だった。Lenovoによると、IdeaPad S12のバッテリーパックには3セルタイプと6セルタイプが用意される。バッテリー駆動時間は6セルタイプ搭載時で6時間以上の予定だ(写真=左)。展示されていたIdeaPad S12のデバイスマネージャー。ION搭載モデルの出荷は2009年の夏過ぎとLenovoは説明しているが、会場のIdeaPad S12にはIONを搭載して動作していた。CPUはAtom N270(動作クロック1.6GHz)。OSにはWindows 7を導入している(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう