ニュース
» 2009年06月02日 13時53分 UPDATE

三洋、待機電力を低減した“エコ対応”のモバイルプロジェクター

三洋電機は、“エコ対応”をうたうモバイルプロジェクター計2モデル「LP-XW250」「LP-XW200」を発表した。

[ITmedia]
photo LP-XW250/LP-XW200

 三洋電機は6月2日、“エコ対応”をうたうモバイルプロジェクター計2モデル「LP-XW250」「LP-XW200」を発表、7月21日より発売する。価格は双方オープン。

 LP-XW250およびLP-XW200は、ともに3LCD方式を採用したモバイルプロジェクターで、電源回路の新規設計により待機電力を従来モデルの約1/5となる0.4ワットに低減した“エコ対応”モデルだ。

 解像度は1024×768ドットに対応(最大UXGA/WXGA表示までサポート)。表示スペックはコントラスト比が500:1。明るさはLP-XW250が2600ルーメン、LP-XW200が2200ルーメン。入力インタフェースはアナログD-Sub、コンポジットビデオ(および変換ケーブルによりコンポーネント/Sビデオ)に対応する。そのほか10/100BASE-TX対応の有線LANを備えておりネットワーク経由でのプロジェクター制御と一元管理も可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう