ニュース
» 2009年06月03日 04時16分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009:“薄型”ボディのEee PC新シリーズ「Eee PC Seashell」

ASUSは、Eee PCの“デザイン進化版”「Eee PC Seashell」を発表。厚さ18ミリの洗練されたシンプルボディを採用する。

[岩城俊介,ITmedia]

 ASUSTeK Computer(ASUS)は6月2日、COMPUTEX TAIPEI 2009でNetbook“Eee PC”の新シリーズ「Eee PC Seashell 1008HA」と「Eee PC 1005HA」を発表した。

photophotophoto
photo 最薄部18ミリのNetbook「Eee PC Seashell」
photo Eee PC Seashellの基板を手にする、ASUSのジョニー・シー チェアマン

 Eee PC Seashellは、名称のとおり貝がらのような形状により、より薄く、美しく見えるデザインを採用したNetbookだ。クレジットカードほどのサイズの特注超小型基板を軸に構成し「現在、市場にある10型クラスのディスプレイを備えるインターネット端末(Netbook)で、もっとも簡単でコンパクト、かつ携帯性が高いPCだ」と、ASUSのジョニー・シー チェアマンもその仕上がりのよさに自信を見せる。

 主な仕様は1024×600ドットの10.1型ワイド液晶ディスプレイ(LEDバックライト搭載)、Atom N280、1Gバイトのメインメモリ、160GバイトHDD(+10Gバイト分の無料Webストレージサービス「Eee Storage」利用権)、IEEE802.11b/g/n(nはドラフト)、Bluetooth 2.1+EDR、130万画素Webカメラ、SDメモリーカードリーダー(SDHC対応)を備え、OSはWindpows XP Home Edition、標準バッテリーで6時間駆動する、よくあるNetbookに準じたものとなる。

 本体サイズは262(幅)×178(奥行き)×18-25.7(厚さ)ミリで、重量は1.1キロ。ボディカラーは幅広いユーザーニーズに対応すべく、ホワイト、ブラック、ブルー、ピンク、サファイヤブルー、ルビーレッドと、かなり多くの選択肢を設けるようだ。


photophoto

Eee PC 1000HEの後継「Eee PC 1005HA」

photo Eee PC 1005HA

 もう1つは、2009年6月現在、日本市場でも人気を博す「Eee PC 1000HE」あるいは「1000H-X」の後継モデルとする位置付けの「Eee PC 1005HA」だ。

 主な仕様はAtom N280、1024×600ドットの10.1型液晶ディスプレイ、1Gバイトのメインメモリ、160Gバイト(+10Gバイト分の無料Webストレージサービス「Eee Storage」利用権)、IEEE802.11b/g/n(nはドラフト)の無線LANを搭載する。基本スペックに現モデルと大きな違いはないものの、ボディデザインには、かなり洗練した印象を受けるものに一新される。

 ディスプレイは逆ヒンジ構造を採用したことヒンジ部をはじめとする突起類の造形が目立ちにくくなり、パームレストと一体形成のトラックパッドも採用する。Eee PC Seashellシリーズと同じく、ワールドワイドモデルはホワイト、ブラック、ブルー、ピンクのカラーを選択できるようだ。

 いずれのモデルも、日本市場向けモデルの投入は2009年6月現在は未定。市場ニーズを見極め、できるだけ早い時期に投入したいという。

photophoto 6セル/2.8アンペアアワーのバッテリーで10.5時間駆動する

Eee PCシリーズのレビュー記事


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.