ニュース
» 2009年06月03日 11時33分 UPDATE

アップルがQuickTimeやiTunesなどのアップデータを公開

アップルがQuickTimeやiTunes、GarageBandなどのアップデータをリリースした。

[ITmedia]

iPhone OS 3.0対応のiTunes 8.2も公開

 アップルが、QuickTimeの脆弱(ぜいじゃく)性などを解決したQuickTime 7.62 for MacQuickTime 7.6.2 for Windowsや、iTunes 8.2(iTunes 8.2 for MaciTunes 8.2 for Windows)を公開した。QuickTime 7.62は、「信頼性の改善、互換性の向上、およびセキュリティの改善を実現する変更」を加えたもので、同社ではすべてのQuickTime 7ユーザーに適用を推奨している。対応OSは、Mac OS X 10.4.9/10.5以降とWindows Vista/XP(SP3)だ。

 また、iTunes 8.2は今夏リリース予定のiPhone 3.0 ソフトウェア・アップデートをインストールしたiPhoneまたはiPod touchへの対応のほか、アクセシビリティに関する多くの改善、不具合が修正された。対応OSはMac OS X 10.4.10/10.5以降とWindows Vista/XP(SP2)、64ビット版Windows Vistaだ。

 そのほか、GarageBandレッスンストアでアーティストレッスンの購入操作をはじめ、互換性全般に関する問題を改善し、全体的な安定性の向上を図ったGarageBand 5.0.2もリリースされている。

 それぞれ、ソフトウェア・アップデートでの更新や、同社のサポートページからダウンロードが可能で、QuickTime 7.6.2は導入後にシステムの再起動が必要になる。

ht_0906ap01.jpg QuickTime 7.6.2アップデートの画面
ht_0906ap02.jpg iTunes 8.2アップデートの画面
ht_0906ap03.jpg GarageBand 5.0.2アップデートの画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-