ニュース
» 2009年06月03日 22時33分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009:MSIの“薄っ!”ノートPC「X-Slimシリーズ」、CULVやWiMAX内蔵モデル登場に期待

MSIブースに主流のNetbookやノートPC、液晶一体型PCの各モデルがずらりと展示。HSPAやWiMAX内蔵、CULVモデル、“7”入りデモ機などにも人気が集まっていた。

[岩城俊介,ITmedia]
photo COMPUTEX TAIPEI 2009 MSIブース

 昔からの自作PCユーザーはもちろん、最近はNetbookやNettop、ノートPCの分野でも「おっ」と振り向いてしまう製品を精力的に日本市場へも投入するMSI。COMPUTEX TAIPEIのMSIブースは、濃い自作PCパーツとともに、Netbook「Wind Netbook」シリーズ、極薄ノートPC「X-Slim」シリーズ、Nettop/液晶一体型PC「Wind NetTop/Wind TOP」シリーズなど、日本市場でもおなじみとなったPC製品も数多く展示する。

 また、HSPA(3.5G)通信モジュールやWiMAXモジュール内蔵、CULV対応CPU搭載、Windows 7“Ready”(というか、“7”でももちろん動きますというデモ展示)モデルなど、2009年に流行、あるいは購入比較ポイントの1つになりえる特徴を持つPCもぬかりなく用意する。日本向けモデルについても、モバイルWiMAXモデルのほか、日本では実装が少し困難なHSPA通信モジュール内蔵モデルもニーズに応じて投入したいという。


photophotophoto 日本でも発売されたX-Slimシリーズ/X340の上位モデルとなる「X400」とゲーミングノートPC“G シリーズ”の「GT628」。X400はCULVプロセッサ(デモ機はCore Solo U3500。かつWindows 7がインストールされていた)と1366×768ドットの14.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、重量1.52キロを実現する
GT628は、1680×1050ドットの15.4型ワイド液晶ディスプレイ、Core 2 Duo+GeForce GTS 160M/DDR3 1Gバイト(ディスクリートGPU)構成の“オーバークロック機能(?)”付きゲーミングPC
photophoto 「X400」のWiMAX内蔵モデル(左) 1366×768ドットの12型ワイド液晶ディスプレイ+ULVプロセッサを搭載し、重量1.4キロの「U200」(右)にはWindows 7がインストールされていた。CULVのCleleron 723を搭載する
photophotophoto 安価に導入できるWind NetTopや液晶一体型のNetOn、Wind Topといったシリーズも認知が進むにつれて、複数台や家族用といった用途で購入するユーザーも増えているという
photophoto おねぇさんに、ビニール地のおっきい“MSIふくろ”をもらいました。なぜこんなに大きいのか、“突然のスコールっぽい雨に降られたとき”に分かったような気がしました

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう