ニュース
» 2009年06月04日 22時54分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009:Sandiskの高速SSD「G3 SSD」、高性能HDDを“鼻で笑う” (1/2)

高速かつ競争力のある価格帯で展開を予定するSandiskの第3世代SSD「G3 SSD」。COMPUTEX TAIPEIのブースでは、“高性能HDDを鼻で笑う”かのような比較デモが実施されていた。

[岩城俊介,ITmedia]
photo COMPUTEX TAIPEI/Sandiskブース

 COMPUTEX TAIPEIのSandiskブースで、6月2日に出荷開始の告知があったNetbook向けのSSDモジュール「pSSD P2/S2」や2.5/1.8インチサイズの高速SSD「G3 SSD」シリーズのパフォーマンスデモが行われた。

 SandiskのG3 SSDは、HDDの回転数で4万rpm相当(同社は“virtual-RPM/vRPM”と記述)、リード200Mバイト/秒、ライト140Mバイト秒(いずれもシーケンシャル)の速度と長期データ耐久性(一般ユーザーの使用で約100年/160Tバイト書き込み分)を実現するMLC型高速SSDシリーズ。Serial ATAインタフェースの2.5インチ(C25-G3 SSD)と1.8インチ(C18-G3 SSD)、それぞれのドライブサイズ別に64Gバイト、128Gバイト、256Gバイトのモデルを用意する。

 デモは、1基のC25-G3 SSD/256Gバイトと4基のHDDとの比較で実施されていた。1万rpmの高速HDDを4基のRAID構成とし、G3 SSDの4万“vRPM”とパフォーマンスの値を合わせたものだ。「消費電力や騒音レベル、設置スペース、重量、発熱量、そして価格を大幅にセーブできるのが、一目瞭然でしょう。」(説明員)とのこと。

photophoto 左がG3 SSD/256Gバイト、右が4基のHDD 重量はG3 SSDが65グラムで駆動音ゼロ、HDDの重量は量り+1周分の約2キロで、駆動音はご想像のとおり。3G SSDは1基の7200rpmのHDDと比べると、平均レイテンシが(動く部品がないので)150倍、耐衝撃性は約5倍、平均連続リード速度が3倍、ライト速度が2倍高速になる。ボディサイズは69.85(幅)×100.2(奥行き)×9.5(高さ)ミリ/重量65グラム。54(幅)×87.5(奥行き)×5(高さ)ミリ/重量30グラムとより小型ながら、性能は同等の1.8インチドライブ型C18-G3 SSDもある

 ちなみにG3 SSDのメーカー希望価格はそれぞれ149米ドル(以下同)、249ドル、499ドルとするが、現地アナリストによると64Gバイトモデルが100ドル(日本円換算で9600円前後 2009年6月3日現在)、128Gバイトモデルが200ドル程度になるなら、さらに市場競争力がある製品になりそうとのことだ。日本での登場にも期待したい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.