ニュース
» 2009年06月08日 11時03分 UPDATE

グリーンハウス、各種USB機器を手軽にLAN共有できるネットワークUSBハブ「GH-USNH4P」

グリーンハウスは、USB機器を最大4台までLAN共有化できるネットワークUSBハブ「GH-USNH4P」を発表した。

[ITmedia]
photo GH-USNH4P

 グリーンハウスは6月8日、USB機器を最大4台までLAN共有化できるネットワークUSBハブ「GH-USNH4P」を発表、6月中旬より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は6580円。

 GH-USNH4Pは、外付けHDDやプリンタなどさまざまなUSB接続対応機器をLAN共有化することができる“ネットワークUSBハブ”で、最大4台のUSB機器を接続可能。LAN接続は10/100BASE-TX接続をサポートしている。

 接続された機器は、1台のPCで利用中には他のPCからは利用不可となっているが、USBプリンタについては付属ソフトウェアの「Networkプリンタウィザード」を用いることで、複数ユーザーの同時共有が可能だ。

 本体サイズは114.5(幅)×49(奥行き)×25(高さ)ミリ、重量は約73グラム。

関連キーワード

USBハブ | グリーンハウス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.