ニュース
» 2009年06月08日 15時31分 UPDATE

ビックカメラ、モバイルWiMAX事業参入──7月1日開始、オリジナル端末も販売

ビックカメラは、UQのMVNOとしてモバイルWiAMXサービスを7月1日に開始する。店頭で申し込みやWiMAX端末の販売も行う。

[ITmedia]
photo ビックカメラオリジナルのWiMAX端末「BDSS01」

 ビックカメラは6月8日、UQコミュニケーションズのMVNOとしてモバイルWiMAX事業を7月1日に開始すると発表した。

 ビックカメラのWiMAXサービスは、月額4480円(税込み)の定額プラン「BIC定額」(初期費用2835円)で展開。同社オリジナルWiMAX通信「BDSS01」(別売り USB接続型/シンセイ製 UQのUD01SSと同性能)とともに、当初はビックカメラ有楽町店本館、同新宿西口店、同池袋本店、同パソコン館池袋本店、同渋谷東口店、同渋谷ハチ公口店、同なんば店、同名古屋駅西店とソフマップ秋葉原本館でサービスの受け付けや端末販売を行う。UQ WiMAXのサービスエリア拡大に応じて、取り扱い店舗も順次拡大する予定としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう