ニュース
» 2009年06月10日 16時13分 UPDATE

バッファロー、”管理領域外”対応のRAMディスクユーティリティを無償公開

バッファローは、メモリ領域をRAMディスクとして利用可能なユーティリティ「BUFFALO RAMDISK ユーティリティー」の無償公開を開始した。

[ITmedia]
photo

 バッファローはこのほど、メモリ領域をRAMディスクとして利用可能なユーティリティ「BUFFALO RAMDISK ユーティリティー」の無償公開を開始した。

 32ビット版Windowsでの管理領域(約3Gバイト強)内をRAMディスクとして割り当てることができるほか、管理領域外のメモリにも対応。なお管理領域外の確保については利用に制限があり、同社製メモリがPCに利用されている必要がある(搭載メモリのチェックはユーティリティにより自動認識が行われる)。

 設定はユーティリティ画面から一括で行える簡単仕様で、RAMディスク領域のバックアップ機能なども搭載した。対応OSはWindows XP/Vista 32ビット版。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.