レビュー
» 2009年06月11日 21時28分 UPDATE

この液晶は違う!:史上最安の「MacBook Pro」は本当に“Pro”か? (1/2)

13インチMacBook ProとアルミユニボディのMacBookを比較しながら、広色域の新型液晶ディスプレイの品質をはじめ、スペック表では分からない部分を見ていく。

[後藤治,ITmedia]

MacBook Proに13インチモデルが登場

og_mbp13_001.jpg 13インチMacBook Pro

 既報のとおり、サンフランシスコで開催されているWorldwide Developers Conference 2009(WWDC 2009)の基調講演で、「MacBook Pro」の新しいラインアップ披露された。従来13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載するアルミユニボディの「MacBook」はMacBook Proシリーズに組み入れられ、今後は13インチ/15インチ/17インチの3ラインで展開する。さっそく13インチMacBook Proを入手したので、まずは外観から見ていこう。

 この新しい13インチMacBook Proを特徴づけているのは、17インチモデルで初めて採用された本体一体型の大容量バッテリーと、色域を広げた新型バックライトLEDディスプレイ、そして13万4800円まで引き下げた価格だ(2008年10月発売の「MacBook MB466J/A」と比べても1万4000円ほど安い)。また、インタフェースでは、SDメモリーカードスロットとFireWire 800が新設され、MacBookでは最上位モデルのみだったバックライトキーボードも標準装備となっている。細かいところでは、最大メモリ搭載量が4Gバイトから8Gバイトに拡大し、CTOオプションで500GバイトHDDまたは256GバイトSSDが選択可能になったのもトピックだ。

og_mbp13_002.jpgog_mbp13_003.jpgog_mbp13_004.jpg 本体一体型バッテリーを採用し、MacBookに比べてバッテリー駆動時間が5時間から7時間に延びた(写真=左)。新型のLEDバックライト液晶ディスプレイは色域が60%拡大したという(写真=中央)。左側面にFireWire 800とSDメモリーカードスロット(SDHC対応)が搭載される(写真=右)

og_mbp13_005.jpgog_mbp13_006.jpgog_mbp13_007.jpg 最大メモリ容量が4Gバイトから8Gバイトに倍増(写真=左)。CTOオプションに500GバイトHDDと256GバイトSSDが追加された(写真=中央)。キーボードは下位モデルもバックライトが内蔵される(写真=右)

og_mbp13_008.jpg 同社の考えるMacBookファミリーのすみわけ

 MacBookとMacBook Proは、アルミユニボディを採用したラインアップのころから、液晶画面のサイズを除くとすでに差別化は難しくなっていた印象だが、ここで完全に統合された形だ。逆に言えば、外付けGPUオプションや非光沢パネルの選択肢がなく、基本システムがMacBookとほぼ同じモデルをMacBook Proと呼ぶことに違和感を覚える人もいるかもしれない。

 6月11日にアップルが実施した国内向け説明会では、今回の13インチモデルを「価格面も含めてMacBook Proユーザーの裾野を広げるため」と語り、SDメモリーカードスロットの搭載もその1つだと説明している。一方、MacBookで省かれていたFireWireは、ユーザーニーズに押される形で復活した。なお、同説明会の内容はWWDC 2009での発表とほぼ同じだったので、詳細については「Macを未来へと前進させる低価格化戦略」を、細かいスペックや価格については「13インチMacBook Proが登場、SDスロットがついて7時間駆動に」を参照してほしい。

og_mbp13_009.jpgog_mbp13_010.jpgog_mbp13_011.jpg 左からMacBook Air、13インチ/15インチ/17インチMacBook Pro(写真=左)。13インチMacBook Pro(写真=中央)。15インチMacBook Pro(写真=右)

og_mbp13_012.jpgog_mbp13_013.jpgog_mbp13_014.jpg 上からMacBook Air、13インチ/15インチ/17インチMacBook Pro(写真=左)。左側面を見ると13インチと15インチの端子構成の差異は音声入出力のみ。13インチモデルはデフォルトで音声出力となっている。システム設定で入力に切り替える排他利用式なので、併用したい場合はサードパーティの製品が必要だ(写真=中央)。本体サイズ比較。デザインは非常に似ている(写真=右)

色域が拡大した新型LEDバックライト液晶を旧モデルと比較

 13インチMacBook Proは、1280×800ドット表示に対応した13.3型ワイドパネル(TN方式)を搭載する。パネルのスペックは、視野角が左右140度/上下120度で、コントラスト比が700:1だ。従来に比べて「色域が60%拡大」したというが、実際はどの程度の違いがあるのだろうか。アルミユニボディのMacBook(MB467J/A)と比較してみた。どちらも画面輝度を最大に固定し、色の変化を見るために、Mac標準の壁紙から3種類のサンプルを選んで撮影した。

og_mbp13_015.jpgog_mbp13_016.jpgog_mbp13_017.jpg 左がMacBook Pro、右がMacBookだ

 写真を見れば分かるように、新型液晶を搭載するMacBook Proのほうが発色がよく、彩度とコントラストが高いメリハリのある表示だ。花はより鮮やかに、宇宙に浮かぶ地球はより青く、黒も締まっている。また、画面を斜めから見たときのコントラストや色度の変化もMacBookより少なくなった。デジタルカメラで撮影した写真などを閲覧するときは、新型液晶ディスプレイで表示したほうが気分はよさそうだ。一方、外光の映り込み具合はどちらも同じで、はっきりと映り込みが見られる。気になる人はアンチグレアフィルムで対処するしかないだろう(幸いMacBookとフィルムのサイズは完全に同じだ)。

og_mbp13_018_1.jpgog_mbp13_018_2.jpgog_mbp13_018_3.jpg 外光の映り込み具合はMacBookと同じで、蛍光灯のあるオフィスでははっきりと反射した(写真=左)。液晶ディスプレイの下には「Pro」の文字(写真=中央)。もちろん、液晶上部に内蔵された環境光センサーによって、暗所ではキーボードが光る(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-