ニュース
» 2009年06月16日 14時00分 UPDATE

ソニーがアルミ製カバー採用のBluetoothマウスを投入

ソニーがBluetooth接続のワイヤレスマウス「VGP-BMS10/S」を発表した。発売は8月上旬の予定だ。

[ITmedia]

VAIO専用のBluetoothレーザーマウス

ht_0906vm01.jpg 「VGP-BMS10/S」

 6月12日、ソニーはインタフェースにBluetooth 2.0を採用したレーザー「VGP-BMS10/S」を発表、8月上旬から発売の予定だ。ボディカバーはシルバーのみで、実売価格は6500円前後の見込み。

 VGP-BMS10/Sは、Bluetooth 2.0に対応し、最長約10メートルの通信距離に対応した2ボタン/1ホイールのシンプルなモバイルマウスだ。ボディサイズは50(幅)×87(奥行き)×15〜23.4(高さ)ミリで、上部にヘアライン加工を施したアルミ製カバーを備えているのが特徴だ。このカバーをスライドさせることでマウスの電源が入り、カバーを閉じると電源がオフになる。分解能は800カウントで、バッテリーは単4アルカリ乾電池を2本使用する。重量は約90グラム(単4アルカリ乾電池2本込み)で、1日5時間、週に5日間使用した状態で約1.5カ月の動作が可能という。

 なお、本製品の動作保証PCはOSにWindows Vista/XP(SP2)を採用し、Bluetoothを内蔵したVAIOとなっている(Bluetooth USBアダプタ「PCGA-BA1」「PCGA-BA2」を接続したVAIOは対象外)。

ht_0906vm02.jpg アルミ製カバーを採用したモバイルマウスで、カバーは電源スイッチを兼ねる
ht_0906vm03.jpg カバーを開くと、2つのクリックボタンおよびホイール(チルト非対応)が現れる
ht_0906vm04.jpg 本製品の動作保証PCは、Bluetooth機能を内蔵したVAIOのみとなっている

記事初出時、「アルミ削りだし」とありましたが、メーカーより情報の訂正がありました。おわびして修正します。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう