ニュース
» 2009年08月05日 14時36分 UPDATE

日本HP、FOMA対応カード搭載のノートPC「HP Mobile Broadbandモデル」を発表

日本ヒューレット・パッカードは、FOMA対応通信モジュールとSIMカードを組み込んだモバイルノートPC「HP Mobile Broadbandモデル」を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは8月5日、FOMA対応モバイルノートPC「HP Mobile Broadbandモデル」を発表した。同社製ノートPC「HP EliteBook」などの通信モジュールとSIMカードを組み込んだ製品を9月上旬より販売するほか、対応機種を順次拡大していく予定となっている。

 HP Mobile Broadbandモデルは、NTTドコモのFOMA回線を利用可能としたモバイルノートPCで、通信モジュールとSIMカードをノートPCに内蔵することで、簡単な手続きのみで3G回線網/無線LANスポットへのアクセスを行える。

 初回に携帯電話よる本人認証とクレジットカード情報登録の手続きを行うことでサービスが利用可能となる。通信料はプリペイド方式で、料金は3G通信圏内で10円/分。無線LANスポットの利用時は300円/日(1アクセスポイント)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう