ニュース
» 2009年09月01日 15時07分 UPDATE

ドスパラ、Celeron E3200搭載の低価格デスクトップ「Prime Knight」3モデル

サードウェーブは、2万円台からの提供となるベーシックデスクトップPC「Prime Knight」シリーズ新モデル計3製品を発表した。

[ITmedia]
photo Prime Knight GC

 PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブはこのほど、低価格デスクトップPC「Prime Knight」シリーズ新モデル「Prime Knight GC」「Prime Slim Knight GC」「Prime Knight JD」の3製品を発売した。いずれもBTOカスタマイズに対応、初期構成(OSレス)価格はKnight GCが2万5980円、Slim Knight GC/Knight JDが2万9980円(ともに税込み)。

 3製品はいずれも、CPUとしてCeleron E3200(2.4GHz)を採用したデスクトップPCで、Knight GC/JDはミニタワー筐体を、Slim Knight GCはスリム筐体を採用した。メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは250Gバイト、光学ドライブはDVD-ROMドライブを標準装備している。


 また、IONプラットフォーム採用のAtom搭載ノートPC「Prime Note Cresion NA」のバリエーションモデルとなるBDコンボドライブ搭載モデル「Prime Note Cresion NA ブルーレイ搭載モデル」の販売も開始されている。

 基本スペックは従来のPrime Note Cresion NAと同様で、光学ドライブをBDコンボドライブに変更したのが特徴だ。価格は6万9980円(税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう