ニュース
» 2009年09月10日 18時57分 UPDATE

銀座に走った?:新型iPod nanoでアップルストア銀座は盛況

サンフランシスコで行われたAppleのスペシャルイベントから一夜明け、日本のアップルストア各店でも新しいiPodの販売が始まった。アップルストア銀座からのリポート。

[ITmedia]
og_store_001.jpg 新しいiPod nano

 既報の通り、9月10日(日本時間)にAppleのスペシャルイベントが開催され、久々となるスティーブ・ジョブズ氏の登場とともに、ビデオカメラを内蔵した「iPod nano」やカラーバリエーションを増やした「iPod shuffle」、処理速度を高速化した「iPod touch」、160Gバイトの大容量HDDを搭載した「iPod Classic」など、iPodのラインアップが一新された。これら新製品の中で最も注目度が高いのが新型iPod nanoだ。

 外観は既存モデルと非常によく似ているものの、38.7(幅)×90.7(奥行き)×6.2(厚さ)ミリの小型ボディに、カメラとマイク、スピーカーを内蔵し、ビデオ撮影機能(640×480ピクセル/H.264)を搭載。さらにFMラジオや歩数計も備え、ディスプレイも2.2型に大型化された。それでいて価格は8Gバイトモデルが1万4800円、16Gバイトモデルが1万7800円とリーズナブルだ(関連記事:さっそく新型「iPod nano」に触ってみた)。

og_store_002.jpgog_store_003.jpgog_store_004.jpg ボディデザインは変わらずにカメラとスピーカーが内蔵された(写真=左)。ビデオ撮影中の様子。ディスプレイも2型から2.2型に拡大(写真=中央)。本体が小さいのでビデオ撮影時はボディの角を持つようになる?(写真=右)

 即日販売を開始したアップルストア銀座には、いち早く実機を試そうとする大勢の人が訪れ、店内は平日にも関わらず混雑していた。なお、14時半ごろの様子ではまだ新モデルの入れ替え作業を行っている最中で、新型iPod nanoが展示されているのは1階の中央スペースのみ。まだ旧iPod nanoも並んでいたので、新旧モデルでボディの光沢感などを見比べたい人は銀座へ走ってみるといいかもしれない。

og_store_005.jpgog_store_006.jpgog_store_007.jpg 新型iPod nanoの展示は1階中央。多くの人が新モデルを手にとってスタッフの説明に耳を傾けていた(写真=左)。こちらはiPod shuffle(写真=中央)。入れ替え作業がまだ終わっていないため、取材時は旧iPod nanoも並んでいた(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-