PR

3万円台で購入できます:心地よく、ちょうどいい──薄く、軽く、さらに美しい「Na02mini-V」に弱点はあるか (1/2)

エプソンダイレクトのNetbook第2弾「Na02mini-V」は、より薄く軽く、さらに美しい鏡面ボディを備えた新モデル。このPCが今の時代、3万円台で購入できてしまうのだ。

3万円台で購入できる「薄く・軽く・美しい」Netbook

photo エプソンダイレクトの「Na02mini-V」。本体サイズは265(幅)×180(奥行き)×24.5〜28(厚さ)ミリ、重量約1.02キロ(標準バッテリー装着時)。価格は同社直販サイト「Epson Direct Shop」価格は、3万9800円(税込み)

 エプソンダイレクトの「Na02mini-V」の実機を目にして、従来モデルからの変更点をもっとも強く感じさせる部分、それは、その一新されたボディデザインだ。

 ノートPCの顔となる天面に高級感を受ける光沢仕上げのパールブラック塗装を施し、パームレスト面にホワイトを採用したツートーンカラー仕様と相まって、3万円台で購入できるPCであることを思わせない上品さ漂う出来栄えだ。光沢塗装は指紋がつきやすいので、その見栄えのよさを維持するには、柔らかい布で汚れを拭き取るといった小まめなケアが必要になるが、デザイン性にこだわって製品を選びたい多くのユーザーにとっては、それをふまえてもなお魅力のほうが勝るのではないだろうか。

 ボディサイズは、フットプリントが横幅265ミリ、奥行き180ミリと、同社のNetbook第1弾「Na01mini」と比べて横幅で1ミリ、奥行きで4.7ミリの小型化を果たしたほか、もっとも厚みがある本体の後部は、液晶ディスプレイのヒンジの位置を下げる構造の採用により、従来モデルの39ミリから28ミリと、実に11ミリもの大幅な薄型化を実現した。


photophoto 美しい鏡面仕上げのブラック天板が特徴。これにより所有満足度がワンランク以上アップすると思うので、自分用はもちろん、プレゼントなどにも適しそうだ

 さらに、本体下面の厚みを前方に向かって絞り込む手法により、本体前面の厚みも24.5ミリにまで抑え込んだことで、数値以上に薄さが際だって見える。上質なカラーリングとあわせ、やはり見た目や携帯性を重視したい向きに、相当強く響くポイントとなるはずだ。

 このほか、本体重量も約1.02キロと相当軽量だ。約200グラムの小型ACアダプタとともに、本体とACアダプタを同時に持ち運ぶ利用シーンにおいても携帯性を大きく損なわない。これは、常に携行するであろうサブノートPCに必須といえる項目である。

photophoto 厚さ24.5ミリ(最薄部)のスリムボディを実現する。薄く、かつ余計な凹凸もないので、バッグにもしまいやすい

Atom N280を搭載──標準スペックながらCPU性能はワンランク向上

photo 参考までに、キーボードと熱伝導ボードの裏にHDDベイやメモリスロット(SO-DIMM 200ピン)がある
※製品を分解/改造すると、メーカー保証は受けられなくなります。内部で使用されている部品などは編集部が試用した製品のものであり、すべての個体にあてはまるものではありません

 Na02mini-Vの基本スペックは、チップセットにIntel 945GSE Expressを採用し、1GバイトのDDR2 SDRAMと160GバイトのHDD(Serial ATA/5400rpm)を搭載し、1024×600ドット表示の10.1型ワイド液晶パネルを用いるなど、いわゆるNetbookのスペックに準じるものだが、Na01miniと比べると、CPUと標準で搭載する無線LAN機能に強化がなされている。

 CPUは動作クロック1.66GHzのAtom N280を搭載する。Na01miniと動作クロックこそはほぼ変わらないものの、FSBクロックが533MHzから667MHzへと引き上げられたことで、若干ながらCPUパワーを要する処理の高速化が期待できる。

 また、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANモジュールを標準で装備するのも見逃せない。家庭用機器でも導入しやすい価格帯になっている、より高速に通信可能なIEEE802.11n対応無線LANルータとも組み合わせて利用できる。この点は、本機を家庭内でのネット端末として、ホームモバイル用途に用いたいユーザーにとって注目に値する強化ポイントだ。

 一方で、残念ながらBluetoothについては内蔵が見送られ、必要に応じてUSB接続のBluetoothアダプタをユーザー側で用意しなければならない点は少々惜しまれる。この点は、外付けDVDスーパーマルチドライブとBluetoothマウス+USB接続型Bluetoothレシーバーをセットにした「充実パック」(プラス1万1000円)を用意するので、Bluetoothを利用したいユーザーはこのお得セットを注文しておくとよいだろう。


photophotophoto CPU-Zで確認した搭載CPUとマザーボード、メモリの詳細。動作クロック1.66GHzのAtom N280とIntel 945GSE Expressチップセット、1本のSO-DIMMスロットに1GバイトのDDR2 SDRAMを実装する
photophotophoto CPU-Zで確認したグラフィックススペックの詳細(左)と、デバイスマネージャ画面(中、右)。グラフィック機能はチップセット内蔵のIntel GMA950を採用する。無線LANチップはアセロス製の(主に)Netbook向けチップ「Atheros AR9285」を実装し、試用機ではシーゲイト製の2.5インチ160GバイトHDDを搭載していた
       1|2 次のページへ

提供:エプソンダイレクト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2009年9月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.