ニュース
» 2009年09月12日 16時59分 UPDATE

Snow Leopard初:アップルがMac OS X“Snow Leopard”アップデート10.6.1をリリース

アップルがMac OS X 10.6のシステムアップデータを公開した。さまざまな不具合が修正される。

[ITmedia]

Snow Leopard初のシステムアップデート

 アップルがMac OS X Snow Leopardの最新版となる10.6.1のアップデータをリリースした。内容は下記の通りで、アップルは「Macの安定性、互換性、および安全性を向上するオペレーティングシステムの全般的な修正が行われており、すべてのMac OS X Snow Leopard ユーザにお勧めします」としている。

 アップデータはソフトウェア・アップデートでの更新や、同社のサポートページからダウンロードが可能で、導入後にシステムの再起動が必要になる。また、サポートページではキヤノン製プリンタのアップデータ「Canon Printer Drivers for Mac OS X v10.6」も公開されている(容量は約274Mバイト)。

修正された問題

  • DVD再生が予期せず停止する可能性
  • 互換性のあるプリンタドライバの一部が、プリンタを追加するブラウザで正しく表示されない
  • Dockから項目を取り除きにくくなる可能性
  • Mailでアカウントの自動設定ができない
  • Mailで「コマンド」+「オプション」+「t」を押した場合に、メッセージを移動する代わりに特殊文字メニューが表示される
  • Motion 4 が応答しなくなる
  • 一部のSierra Wireless 3G モデムとの互換性
ht_0909ap01.jpght_0909ap02.jpg Mac OS X アップデートの内容(画面=左)。アップデータ適用後のプロパティ画面(画面=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-