ニュース
» 2009年09月29日 15時00分 UPDATE

2009年PC秋冬モデル:“セブン”を載せた正統派モバイルノート──Let'snote R8発表

パナソニックは、9月29日に「Let'snote R8」の新モデルを発表した。Windows 7 Professionalを導入しCPUとHDDを強化した。出荷開始は10月22日の予定だ。

[ITmedia]

新モデルLet'snoteで唯一のスクエアノート

kn_letsr8.jpg Let'snote R8

 2009年冬モデルとして登場した「Let'snote R8」は、従来モデルと同様に10.4型液晶ディスプレイを採用し、解像度が1024×768ドットという、新モデルのLet'snoteでは唯一の横縦比4:3ディスプレイモデルになる。本体重量は約0.93キロ、バッテリー駆動時間は約8時間と携帯性能は従来と同様だ。

 新モデルでは、CPUとHDDが強化された。CPUは従来からワンクラス上のモデルとなる超低電圧版Core 2 Duo SU9600(動作クロック1.6GHz)を店頭モデルの標準構成で搭載し、HDDは容量が250Gバイトに増えた。また、OSにWindows 7 Professionalが導入されるほか、Wimdows XP Professional (SP3)へのダウングレード権も含まれる。

 出荷開始は10月22日からの予定だが、ジェットブラックモデルは11月20日から発売される。実売価格は18万円前後(Microsoft Office 2007 with PowerPopint同梱版は21万円前後)になるとみられる。

 なお、マイレッツ倶楽部限定モデルでは、OSに64ビット版のWindows 7 Professionalが選択できるほか、データストレージには、500GバイトのHDDや128GバイトのSSDを選択可能。SSDを搭載した場合は、本体重量が0.9キロと店頭モデルより軽くなり、バッテリー駆動時間も約9時間に延びる。本体のカラーもシルバーフェザーとジェットブラックが、天板も12色から選ぶことができる。

Let'snote 2009年冬モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'note R8 CF-R8 1スピンドル マイナーチェンジ(CPU、HDD変更) Core 2 Duo SU9600(1.6GHz) 2GB 250GB 32ビット版7 Professional 18万円前後
(Office 2007添付版) 1スピンドル マイナーチェンジ(CPU、HDD変更) Core 2 Duo SU9600(1.6GHz) 2GB 250GB 32ビット版7 Professional 21万円前後

Let'snote 2009年冬モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
Let'snote R8 CF-R8 10.4型 1024×768ドット Intel GS45 なし チップセット内蔵 なし 0.93キロ
(Office 2007添付版) 10.4型 1024×768ドット Intel GS45 なし チップセット内蔵 なし 0.93キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう