速報
» 2009年09月30日 14時57分 UPDATE

BLESS、廃業

PCパーツショップの「BLESS」は、9月30日に秋葉原本店を臨時休業としたが、その後、店頭の張り紙で「廃業」したことを明らかにした。

[ITmedia]

 臨時休業となったBLESSの秋葉原本店は、建物の外から店内を見た限り、店内の電気は消えて、人影も確認できなかった。入り口は閉められ、ドアに張り紙がしてある。その張り紙には、「諸般の事情により、平成21年9月29日限り、廃業の止む無きに至りましたので」という告知が、ブレスの代表取締役社長、鳥飼油務氏の署名でされていた。

kn_bless01_01.jpgkn_bless01_02.jpg 臨時休業となったBLESS秋葉原本店を9月30日に訪れた(写真=左)。外から見る限り、店内の電気は消え、内部に人影は確認できない(写真=右)

kn_bless01_03.jpgkn_bless01_04.jpg 階段や入り口のPOPは普段と変わらない(写真=左)。店舗の入り口は閉じられドアには、廃業を知らせる告知が張ってあった(写真=右)

 告知によると廃業は9月29日となっているが、情報が明らかになったのが30日昼ごろだったためか、まだ、店頭に人が押し寄せてくるという状況ではなかったが、それでも、流通関係者や、近くのショップスタッフ、それに、ニュースを知って訪れるPCユーザーなどが訪れては、ドアの張り紙を確認して立ち去っていった。

 同じビルの1階にはGENOのアウトレットショップが入居しているが、期末ということもあって棚卸のため閉店しており、30日13時時点で、特に混乱は見られない。

 なお、張り紙にはこの件の問合せ先として、都内の法律事務所が記載されているが、取材を試みたところ、14時時点で連絡は取れていない。そのため、負債の規模や今後の対応については、現在のところ不明だ。

 「BLESS」は1996年から営業してきたPCパーツショップの老舗で、現在の場所に移転する前は、中央通りと神田明神通りが交わる「秋葉原の一等地」に店舗を構えていた。自作PCユーザーでなくとも、グリーンに白いロゴの「BLESS」の看板を記憶に残っている秋葉原ウォーカーも多いのではないだろか。BLESSが多くのPCユーザーにも支持されていたことは、平日にもかかわらず、ニュースを知ったPCユーザーが店頭を訪れたことが示されている。

 BLESSの経営状況については以前から危惧されていたため、流通関係者の中には今回の事態をある程度予測していたという。しかし、BLESSを訪れたPCショップスタッフが「USER'S SIDE以来の激震だっ」と思わず口にしたように、名物のPCショップがまた1つ消えたことは、自作PCユーザーと流通関係者に大きな衝撃を与えるだろう。

関連キーワード

BLESS | 秋葉原 | 閉鎖 | パーツショップ | 自作 | アキバ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.