ニュース
» 2009年10月02日 13時54分 UPDATE

ブルレー、“最大9.5時間”駆動可能なAtom搭載軽量ミニノート「Viliv S7」

ブルレーは、韓国Yukyung Technologies製となるミニノートPC「Viliv S7」の取り扱いを発表した。800グラムを切る軽量筐体ながら長時間駆動を実現した。

[ITmedia]

 ブルレーは、Atom搭載ミニノートPC「Viliv S7」の取り扱いを発表した。10月8日より同社直販にて予約受付を開始する。価格は5万9800円から。

photophotophotophoto Viliv S7

 韓国Yukyung Technologies製ミニPC「Viliv」の新モデルで、タッチパネル機能搭載の回転式7型ワイド液晶とキーボードを装備した。本体サイズは230(幅)×143(奥行き)×26(高さ)ミリ、重量は799グラムの小型軽量設計ながら、バッテリー駆動時間は“最大で9.5時間”(スペック表での通常駆動時間はHDDモデルで最大6時間/SSDモデルが最大7時間と記載)をうたうスタミナ設計となっている。

 ディスプレイ解像度は1024×600ドット。CPUはAtom Z520(1.33GHz)、メモリはDDR2 1Gバイトを装備、130万画素Webカメラも内蔵した。

 搭載ストレージの差異で3バリエーションを用意、60GバイトHDD搭載モデル/32GバイトSSD搭載モデル/64GバイトSSD搭載モデルをラインアップした。OSはWindows XP Home EditionまたはWindows Vista Home Premium(64GバイトSSDモデルのみ)。

 また10月8日の予約開始にあわせ、予備の標準バッテリー1本をプレゼントする発売記念キャンペーンも実施される。

関連キーワード

ミニノートPC | Viliv | ブルレー | SSD | Atom | バッテリー | 韓国


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう