ニュース
» 2009年10月16日 12時22分 UPDATE

レノボ、エントリーノート計2モデル「ThinkPad SL410」「同 SL510」を発売

レノボ・ジャパンは、14型ワイド/15.6型ワイド液晶内蔵のエントリーノートPC「ThinkPad SL410」「同 SL510」を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月16日、14型ワイド液晶内蔵のエントリーノートPC「ThinkPad SL410」、および15.6型ワイド液晶モデル「ThinkPad SL510」を発表、10月22二とより販売を開始する。

photophoto ThinkPad SL410(左)、ThinkPad SL510(右)

 ともに「ThinkPad SL」シリーズとしては初となるアスペクト比16:9となる1366×768ドット表示対応液晶ディスプレイを内蔵したモデルで、SL410は14型ワイド、SL510は15.6型ワイドパネルを採用した。

 CPUはCore 2 Duo P8700、メモリはDDR3 最大8Gバイト、HDDは最大500Gバイトを内蔵でき、マルチタッチ対応のタッチパッドを装備。またオプションでMobility Radeon HD 4570も追加可能となっている。OSは双方Windows 7を導入する。


 またレノボ・ジャパンは、同社製ノートPC「ThinkPad T400s」のバリエーションモデルとなる「ThinkPad T400s マルチタッチ搭載モデル」を発表、10月22日に発売する。

 T400sをベースとした姉妹モデルで、搭載タッチパッドをマルチタッチ対応仕様としているのが特徴。最大4本の指を使ったマルチタッチ操作が可能となっている。OSはWindows 7を導入。また、タッチ操作を簡素化できる「SimpleTap」アプリケーションも利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう