ニュース
» 2009年10月22日 16時19分 UPDATE

アキバの“駅むこう”では?:「業界の活性化につながると期待している」――Windows 7発売記念イベント

10月22日にWindows 7が発売され、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでカウントダウンイベントが開催された。桃井はるこさんや矢口真里さんなどもゲストとして駆けつけ、新OSの登場を祝った。

[ITmedia]
og_akibayo_001.jpg ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの電光板は朝からWindows 7一色に

 秋葉原のPCパーツショップでDSP版Windows 7の深夜販売が行われた翌朝、10月22日の午前9時から各量販店でもリテールパッケージ版の販売が始まった。これにあわせて、東京・秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaには、米MicrosoftのWindows担当プレジデントであるスティーブン・シノフスキー氏やマイクロソフト副社長の堂山昌司氏をはじめ、“元祖アキバ系女王”の桃井はるこさん、元モーニング娘。の矢口真里さんなどがゲストとして駆けつけ、Windows 7の発売を祝うカウントダウンセレモニーが行われた。

 第1部のゲストとして登壇したのは、アスキー・メディアワークス アスキー総合研究所所長の遠藤諭氏と桃井はるこさん。桃井さんは前日の深夜販売にも参加しており、その盛り上がりの様子を伝えながら、「Windows 95や98の深夜販売も経験してきたけど、そのころは一般の人がリアルタイムで動画を放送できるようになるなんて思わなかった。昨夜はPCを片手に生中継しながら歩いているあやしい人がけっこういましたよね」とコメントし、これに対して遠藤氏がWindows 7の新機能の1つであるリモートメディアストリーミングについて触れるなど、軽快なトークで聴衆を楽しませた。

og_akibayo_002.jpgog_akibayo_003.jpgog_akibayo_004.jpg 第1部のゲストとして登場したアスキー・メディアワークス アスキー総合研究所所長の遠藤諭氏(左)と、“元祖アキバ系女王”の桃井はるこさん(右)。Windows 7のコンセプトカラーにあわせて緑色の服装だった。左腕には前日の深夜販売で配布されていたWindows 7のタトゥー風シール

 第2部では元モーニング娘。の矢口真里さんが登場した。「Windows 7は、名前を知っているくらいです」というPC初心者の矢口さんに対して、マイクロソフトの溝口氏がWindows 7の特徴を分かりやすく解説した。矢口さんのPC用途は主にblogだという。そこで溝口氏は、blogのネタを探しながら記事を書く際に便利なテクニックとして、1つのウィンドウをつかんでシェイクすると、それ以外のウィンドウが隠れたり出たりする機能などを紹介し、実際にデモを交えながら「Windows 7は速くて、簡単で、新しいんです」とアピールした。矢口さんは「これなら1日に10回くらい(blogを)更新できそう。買って帰ろうかな」とWindows 7の新しいユーザーインタフェースを気に入った様子だった。

og_akibayo_005.jpgog_akibayo_006.jpgog_akibayo_007.jpg 元モーニング娘。の矢口真里さんもゲストとして登場した。溝口氏が説明するWindows 7の新機能に感心する矢口さん。デモでは「Aero Snap」や「Aero Shake」などが紹介されていた

 この後、カウントダウンセレモニーでは、シノフスキー氏とヨドバシカメラ代表取締役社長の藤沢昭和氏が登壇し、「Windows 7はPC業界の活性化につながる」(藤沢氏)と、今回登場した新OSが低迷するPC業界の起爆剤になることに期待を込めて語り、ゲストとともにくす玉を割ってWindows 7の発売を祝った(関連記事:ビックカメラ有楽町店本館で行われた発売記念イベントの様子)。

og_akibayo_008.jpgog_akibayo_009.jpgog_akibayo_010.jpg くす玉が割れた瞬間(写真=左)。先着の購入者にはゲストが直接パッケージ受け渡す場面も(写真=中央)。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaではWindows 7搭載PCも多数販売されている。VAIO Xを触る桃井はるこさん(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.