ニュース
» 2009年11月05日 13時53分 UPDATE

三菱、高輝度表示対応のデータプロジェクター「LVP-XD600」など2モデル

三菱電機は、軽量コンパクト筐体を採用したデータプロジェクター「LVP-XD600」「LVP-WD620」を発表した。

[ITmedia]
photo LVP-XD600

 三菱電機は11月5日、軽量コンパクト筐体を採用したデータプロジェクター「LVP-XD600」「LVP-WD620」を発表した。発売日はLVP-XD600が11月17日、LVP-WD620が12月下旬。価格は双方オープンだ。

 2製品はともに、本体サイズ345(幅)×270(奥行き)×129(高さ)ミリ、重量約3.6キロのコンパクト筐体を実現したDLPプロジェクター。表示解像度はLVP-XD600が1024×768ドット、LVP-WD620が1280×800ドットで、明るさはそれぞれ4500ルーメン/4000ルーメンとなっている。ともに最大5000時間の長寿命ランプを採用しているのも特徴だ。

 またLVP-XD600は3Dコンテンツ表示もサポート。DLPRLink方式に対応した3Dメガネを併用することで、3D表示を行うことが可能となっている。インタフェースはアナログD-Sub/HDMI、Sビデオ/コンポジットビデオ入力などを備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう