ニュース
» 2009年11月10日 15時00分 UPDATE

マウスコンピューター、約5万円の18.5型ワイド液晶一体型PC「Lm-One191Q」

マウスコンピューターは、18.5型ワイド液晶ディスプレイ搭載のボード型デスクトップPC「Lm-One191Q」を発表した。

[ITmedia]
photo Lm-One191Q-W

 マウスコンピューターは11月10日、液晶ディスプレイ一体型筐体を採用したデスクトップPC「Lm-One191Q」を発表、本日より販売を開始する。ブラック/ホワイトの2モデルを用意。価格は4万9800円(税込み)。

 Lm-One191Qは、1366×768ドット表示対応の18.5型ワイド液晶ディスプレイを内蔵した一体型デスクトップPC。CPUはAtom 230(1.6GHz)、メモリはDDR2 1Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵した。ほか、130万画素Webカメラ/IEEE802.11b/g無線LANなども利用できる。

 OSはWindows XP Home Edition。本体サイズは465(幅)×83(奥行き)×380(高さ)ミリ。

news090.jpg

「Lm-One191Q」をマウスコンピューター通販ショップで購入する
ブラック、ホワイトの2色から選択可能な18.5型ワイド液晶ディスプレイ一体型モデル。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう