ニュース
» 2009年11月13日 10時00分 UPDATE

本日発売:「PCJapan」12月号の特別付録は最大90日使える統合型セキュリティソフト11本

月刊PC情報誌「PCJapan」2009年12月号の特別付録は、最大90日間利用できる11本の統合型セキュリティソフト。製品版への更新価格が50%オフになるものもある。

[ITmedia]
tm_0911pcj01.jpg PCJapan 2009年12月号(11月13日発売)

 ソフトバンククリエイティブが発行する月刊PC情報誌「PCJapan」は、前身となる「PCComputing」を含めると、2009年12月号(11月13日発売)で創刊13周年を迎える。

 同号は、統合型セキュリティソフトの比較特集を掲載。国内で販売されている代表的な統合型セキュリティソフトを14製品取り上げて、使い勝手やマルウェアの検出率、スキャン時間などを比較している。テスト項目は、15万以上のマルウェア検体での検出テストや、リークテストツールによるパーソナルファイアウォールの性能、スキャン時のCPU使用率など、多岐にわたる。

 また11製品の統合型セキュリティソフトについては、最大90日間利用できる特別版が付き、特別版から製品版への更新時に50%引きの価格で購入できる特典(特典内容は製品によって異なる)もある。

 そのほか、DVDコピー&動画変換やWindows 7のカスタマイズテクニック、Excelツール&マクロ、最新ミドルレンジ複合機、Ubuntu 9.10に関する特集記事を掲載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう