ニュース
» 2009年11月18日 10時47分 UPDATE

NVIDIA、40ナノプロセス採用の1万円級GPU「GeForce GT 240」を発表

NVIDIAは、同社初の40ナノメートルプロセスルール採用GPU「GeForce GT 240」を発表した。搭載グラフィックスカードの実売価格は1万円前後の予定だ。

[ITmedia]
kn_gt240_03.jpg GeForce GT 240を搭載したリファレンスカードは1スロット厚のクーラーユニットを搭載

 GeForce GT 240は、NVIDIAの製品で初めて40ナノメートルプロセスルールを採用したGPUだ。実売価格1万円前後のバリュークラスグラフィックスカードで、PhysXや3D Vision、CUDA環境によるGPUコンピューティングなど、最新のGeForceシリーズでサポートされている機能を利用できるのが特徴。

 リファレンスで示されるコアクロックは550MHz。以下同様に、メモリクロックはグラフィックスカードGDDR3搭載時で1000MHz(ピンあたり2000Mbps相当)、GDDR5搭載時では1700MHz(ピンあたり3200Mbps相当)に達する。グラフィックスメモリの容量は512Mバイト、もしくは1Gバイトとされる。メモリバス幅は128ビットだ。

 シェーダユニットクロックは1340MHzで、GPUに搭載される統合型シェーダユニット(CUDAユニット)は、96基。なた、テクスチャーフィルタリングユニットは32基、ROPユニットは8基を実装する。

 画面出力インタフェースではHDMI(1.3a)とDVI、VGAに加え、DisplayPort(1.1)にも対応する。

kn_gt240_01.jpgkn_gt240_02.jpg 左からCPU(Pentium E5300)、GeForce 210、GeForce GT 220、GeForce GT 240で比較したGPUコンピューティング処理性能(写真=左)。Radeon HD 4670とGeForce GT 240とで比較したゲームタイトルのベンチマークテスト結果(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう