ニュース
» 2009年11月30日 16時30分 UPDATE

ナナオとHPの一部ディスプレイに対応:FirePro 3Dシリーズ、最新ドライバでPhotoshop CS4の10ビット表示が可能に

エーキューブは「ATI FirePro 3D」シリーズに最新グラフィックスドライバを適用することにより、Photoshop CS4上で10ビット表示が可能になると発表した。

[ITmedia]
tm_0911firepro01.jpg 「FirePro V3750」

 エーキューブは、「ATI FirePro 3D」シリーズの最新グラフィックスドライバ「ver8.663.3」と10ビット入力対応のDisplayPort搭載液晶ディスプレイを組み合わせることにより、Adobe Photoshop CS4上でRGB各色10ビット表示(約10億7374色)が可能になると発表した。

 この10ビット表示が可能なハードウェア/ソフトウェア環境は、グラフィックスカードが「FirePro V3750」「同 V5700」「同 V7750」「同 V8700」「同 V8750」、OSがWindows XP(Windows Vista/7の対応は未定)、液晶ディスプレイがナナオの「FlexScan SX2462W」と「ColorEdge CG243W」、日本ヒューレット・パッカードの「HP DreamColor LP2480zx」とされている。

 FireProシリーズ搭載PCとこれらの液晶ディスプレイをDisplayPortで接続し、グラフィックスドライバをAMDのサイトからダウンロード/更新した後、ユーティリティソフト「Catalyst Control Center」で10ビット表示の設定をオンにして再起動すると、Photoshop CS4上で10ビット表示が可能になる。この状態で、10ビット以上の色情報がある画像データをPhotoshop CS4に読み込むと、ディスプレイ上に画像が10ビットで表示される。

 ちなみに、Photoshop CS4では16ビットや32ビットの画像データをサポートしているが、通常のグラフィックスカードやディスプレイ環境では最終的な画面出力がRGB各色8ビット表示(約1677万色)までとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう